1. ミズノ、新会社設立のお知らせ

ミズノ、新会社設立のお知らせ

人事異動・移転など
この記事は約 3 分で読めます。 154 Views

 
〈新設及び事業譲受けの目的〉
「当社はこれまで本事業譲受けの相手先である『DUCKHWA SPORTS CO.LTD.』を代理店として、韓国市場において当社製品の販売を行ってまいりましたが、当社が経営課題としているグローバルビジネスの拡大のためには同社との関係を強化し、韓国をはじめとするアジア市場における当社のブランドの価値の向上を図ることが必要不可欠と考え、本事業の譲受け先とするために新会社を設立し、本事業を譲受けることを決定いたしました」
 
〈新会社の概要〉
社名:MIZUNO KOREA LTD.
所在地:ソウル特別市西大門区延禧路25ギル13(延禧洞)
代表者:KIM CHANG‐BEOM
事業内容:ゴルフ用品、野球用品、ランニングシューズ等の各種スポーツ用品の企画・製造・販売
資本金:1000百万ウォン
設立年月日:2013年4月1日
株主および持分比率:美津濃株式会社 100%
 
〈事業譲受けの概要〉
(1)譲受け部門の内容
各種スポーツ用品の卸売販売、直営店方式及び加盟店方式による各種スポーツ品の卸売販売に関する一切の事業
 
(2)譲受け資産、負債の内容
営業債権債務、棚卸資産、什器備品をはじめとする譲受け事業の継続に必要となる資産、負債
 
〈相手先の概要〉
名称:DUCKHWA SPORTS CO.LTD.
所在地:ソウル特別市西大門区禧路洞81‐32
代表者:HA.JOON‐CHULL
事業内容:各種スポーツ用品の卸売販売、直営店方式及び加盟店方式による各種スポーツ品の小売販売他
資本金:300百万ウォン
設立年月日:2001年12月20日
上場会社と当該会社の関係:「当社と当該会社との間には、代理店契約に基づく営業取引関係がありましたが、本事業譲受け後には、当該取引関係は無くなる予定であります。なお、新会社の代表者となるKIM CHANG‐BEOMは相手先会社の前代表者であり、相手先会社の大株主であります」
 
〈直近の経営成績〉
2011年12月期
売上高:63313百万ウォン
売上総利益:20107百万ウォン
営業利益:7543百万ウォン
経常利益:7092百万ウォン
 
2012年12月期
売上高:65003百万ウォン
売上総利益:19971百万ウォン
営業利益:6564百万ウォン
経常利益:6942百万ウォン
 
〈日程〉
取締役会決議:平成25年6月28日
事業譲受契約書締結日:平成25年6月28日
事業譲受日:平成25年7月1日(営業開始予定日)
 
〈今後の見通し〉
「本事業譲受けによる当期通期業績への影響は現在精査中でありますが、軽微となる見込みであります。明らかになり次第、速やかに情報を開示いたします」
 
同社によると、これまで代理店経由だった韓国戦略がよりスムーズになり、利益率向上も期待しているという。
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • テーラーメイド 飛んで曲がらない新製品『M3』『M4』を発表

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    関連記事

    • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

    • ミズノ、組織一部変更及び人事異動のお知らせ

    • 復活する『Mizuno Pro』9月発売で『MP』は退陣?

    • ミズノゴルフ 2017 Webカタログ

    • 「カスタムフィッティングを強化します」ミズノが語る新事業と、カスタム専用クラブ『Mizuno Pro』の魅力とは

    • ミズノ、伊藤有志プロと契約