• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • プロ・上級者向けの『X HOT PRO 3 Deep FW』登場

    編集部
    SNSでシェアする
    『X HOT PRO 3 Deep ファアウェイウッド』は、飛びとコントロール性を両立し、強弾道で飛ばせるディープフェースモデル(より深めのフェース)。フェアウェイからの使用だけでなく、狭いホールでのティーショットでも威力を発揮してくれるという優れもの。   最大の特徴は、『X HOT PRO ファアウェイウッド』より約4mmディープフェースで低重心に設計したヘッド形状。重心深度を浅めに設計しているので、ボールの吹き上がりを抑えたハードヒッター向けの仕様になっているとか。    また、『X HOT PRO ファアウェイウッド』同様、「フォージドカップフェース」構造を採用し、ドライバーと同等の反発性能を実現。すでに、同社のスタッフプレーヤーであるフィル・ミケルソン、石川遼が競技に使用しているという。実際に使用中の石川遼プロは、 「構えた段階で、ボールを拾ってくれそうで安心する。打ってみるとその通りだし、ボールの弾きも良くなっているので飛距離は5~10ヤード伸びている。本当に飛ぶし、とにかくコントロールがしやすい。ドローボールが非常に打ちやすいし、ティーショットの際、同じスイングでティーの高さを変えるだけで、ボールの強さ(スピン量)を簡単に変えることができる」 と語っている。   なお、ロフトは13度と14・5度の二種類を揃える。シャフトは、三菱レイヨンと共同開発したオリジナルシャフトの他、『TOUR AD GT‐6』(グラファイトデザイン)、『ディアマナB60』(三菱レイヨン)、『ATTAS FW65』(USTマミヤ)をカスタムラインで採用した。グリップは、ゴルフプライドの『NEWディケイドJVマルチコンパウンド』(バックライン無し)が装着される。   同モデルは米国ゴルフ市場ではすでに発売されており、ツアープレーヤーも多く使用していることから、今後上級者ゴルファーから注目が集まりそうだ。 問い合わせはキャロウェイゴルフへ、0120~300~147。
    タグ
    キャロウェイ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb