• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン

    吉村真
    1974年1月22日生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国...
    SNSでシェアする
    昨年末ロイヤルコレクションを傘下に収めたアドラージャパンは9月末、同じく傘下に収めた「ソナテック」ブランドよりウエッジヘッド『ソナテック DM-フォージド ウエッジ』を発売する。 モデル名の『DM』が肝で、フェースに施したダブルミルドの略。究極のスピン性能をウリにしたウエッジだ。 それだけではない。抜け感を追求したダブルバウンスミラーソールと相まって、同社適合モデルとの比較でスピン量が約40%アップ。新溝ルール適合外の角溝スコアラインと、上下からの放物線上の細かい溝をデザインすることで究極のスピン性能を実現する軟鉄鍛造ウエッジが誕生したという。 また、同モデルは日本国内で製造されている。腕利きのベテラン職人が丹念に粗研磨とダブルバウンス研磨を施し、抜け感のよい鏡面仕上げを実現した“スペシャルグラインド”モデルという位置づけだ。 素材製法はS20Cの軟鉄鍛造。仕上げはダブルニッケルサテンメッキの粗研磨仕上げで、所有感を擽られるデザインとなっている。 そして、ロフトバリエーションの多さも特徴だ。通常であれば、パーツ系ウエッジのデビューはロフト角52度と58度の2ロフトというのが鉄板。それにも関わらず、48度から60度まで2度刻みで7ロフトをラインアップ。パーツとしてウエッジ市場への殴り込みの本気度が伺える。 尚、同モデルはR&A、USGAの新溝ルール適合外商品。競技以外、プライベートのゴルフでのみの使用をメーカーとして推奨している。
    この著者の記事
    1台2役の1人乗り用ゴルフカート ゴルフ場運営に一役買うサブスクで登場 『Auto Caddy BABEL』
    2024年04月19日
    この著者の記事
    タメができるからダフリ・トップがなくなる SHUHARIシュハリのFW、UTシャフトを永井延宏プロが徹底検証
    2024年04月16日
    この著者の記事
    番手ごとの正しいアドレスが習得できる『Wellstance』を永井プロが徹底検証
    2024年04月11日
    この著者の記事
    PXG初の旗艦店「PXG AOYAMA」にQPさんとフェンシング日本代表ストリーツ海飛氏が突撃 『BLACK OPS』でフィッティングしたら330ヤード越え!
    2024年03月26日
    この著者の記事
    マイカスタム第8回 硬いシャフトで操作しすぎ 仕事をしてもらえるシャフト
    2024年03月16日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb