1. ムービー

グラファイトデザインは原点回帰でシャフト戦国時代を生き残る

ムービー 編集部
160706_graphite1

グラファイトデザインは5月30日、山田拓郎常務の新社長就任を決めた。同社は長年、国内男子ツアーにおいてウッドシャフト使用率1位を継続中。国内のみならず、全盛期のタイガー・ウッズが『TourAD』を使用するなど、隆盛を極めたが、前期売上高は27億7000万円と低落傾向に喘いでいる。群雄割拠のシャフト市場――。どのように難局を切り開く?


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

160706_graphite1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • JMC GOLF、社名をPXG JAPANに変更

  • セブンドリーマーズが自己破産を申請

  • 日本ゴルフマネジメント、社名をネクスト・ゴルフ・マネジメントに変更

  • Takumi Japan 2in1パター Webカタログ

関連記事

  • 永井プロ「ツアーAD VR」試打レビュー ヘッド性能を引き出す新シャフトの評価は?

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • グラファイトデザイン ツアーAD IZ 高初速ヘッドの性能を最大限に引き出すシャフト

  • グラファイトデザイン TOUR AD F シリーズを徹底検証! その評価は?

  • グラファイトデザイン TourAD TPを永井プロが検証