1. ムービー

ゴルフ場経営者団体NGKの手塚理事長が語る業界の課題

ムービー 片山哲郎
NGK手塚理事長

「既にゴルフ人口がピーク時の半分になってしまいました。我々NGKはいかに多くの人たちにゴルフを始めてもらうか、それを一番の課題としております」
5月に日本ゴルフ場経営者協会(NGK)の理事長に就任した手塚寛氏はそう語る。

NGKはゴルフ業界で唯一のゴルフ場経営者団体。通常の競技団体とは一線を画し、行政諸官庁との折衝やゴルフ場経営の安定化を促進する。全国で200強のゴルフ場が加盟しており、組織率は1割程度だ。ゴルフ場業界は日々、過去価格競争による潰し合いに明け暮れ、その闘争は今も北関東を中心に続いているという。

「しっかりとした利益を出して、老朽化していく施設に投資をしないと、安定した経営は図れないと思っています」

そんな中、手塚理事長が新たに着眼したのが「大学のゴルフ授業『Gちゃれ』」だ。これまで注目されなかった学生とゴルフの付き合い方を、改めて見直すことで若い新規ゴルファーの増加に結び付けていくとのこと。

「一般教養科目の体育で『ゴルフ』は人気の授業ですが、学生の大半がゴルフ場体験をすることなく授業を終える。それじゃやっぱり『ゴルフの楽しさ』はわからないじゃないですか」

ゴルフ業界の行き先をどう決めていくか、そして新規ゴルファーをどう増やしていくか、そんな課題を本誌8月号掲載に先駆け、動画にて公開。

■関連記事
大学生のゴルフ場デビューを空撮 4ホールだけのコース体験奮戦記


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NGK手塚理事長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月に日本ゴルフジャーナリスト協会の会長に就任(現任)。

ほかにインタラクティービ(J:COM)番組審議会委員(現任)、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(現任)、大学ゴルフ授業研究会理事(現任)。

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 脱「ゴルフ場予約会社」で総合化目指す楽天GORAの野望

  • ブリヂストンスポーツの望月新社長が事業再興の青写真を描く

  • 大学生18名のゴルフ討論会 珍回答連発で業界爆笑

  • すべては「心の音」が造形する 武蔵野美大・長澤学長のゴルフ論

関連記事

  • 永井プロ試打レビュー:中条カムイ『KP-103UC』アイアン

  • 米PGAで人気の『TENSEI』がついに日本上陸!永井プロ試打レビュー

  • やさしく飛ばす!『PHYZ』はHS38m/s以下のゴルファーに抜群の効果を発揮

  • 「全米オープン」一発で200億円 豊富な資金力のUSGAトップに単独取材

  • 『タッチフォーカス®』は老眼ゴルファーを救えるのか? プロが検証 ~ラウンド編~(㏚)

  • 『タッチフォーカス®』は老眼ゴルファーを救えるのか? プロが検証 ~インタビュー編~(㏚)