1. ムービー

ゴルフ場の近くに住もう! ゴルフダイジェスト木村社長が大いに叫ぶ

ムービー 片山哲郎
180418_GD

ゴルフの老舗専門誌、ゴルフダイジェストの木村玄一社長が苦笑する。

「いやあ、『顔が熱い』ってよく言われるんですよ」

熱いのはカオばかりではない。ゴルフ市場の今後に向けて、独自の論に熱弁をふるう。ゴルフ業界は長年、ゴルフ場利用税の撤廃運動を続けているが、全廃は難しい。ならば代替案として、地方に交付される税の一部を都市部から地方へ移住するひとの助成金に振り向けたらどうだろう、という提案だ。

リタイア層のセカンドライフとして、ゴルフ場の傍に住めば、新たなコミュニティが生れて地方社会も活性化する。まだ、どこにも話していないというが、そんな私案を温めている。

「先頃、ゴルフは認知症予防に効果があるとの実験結果が得られました。生活圏にゴルフが身近になれば、医療費の削減にもつながります。ゴルフメディアの社長として、今後はそういったことも発信していきたいですね」

その同社は今年4月、新たな部署を設置してデジタルビジネスに本腰を入れる。果たして何をやるのか? 詳細は月刊ゴルフ用品界5月号に掲載。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

180418_GD

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISPS半田会長「宗教とゴルフ」の在り方を熱弁

  • バブル期に売上世界一のコトブキが「このままじゃゴルフショップはなくなる!」

  • クラブ開発の「飛んで曲がらない」を打破するのは「ゆらぎ」

  • 二木ゴルフ本社ビル売却で「3つの投資」

関連記事

  • キャロウェイが『クロムソフト』を発表 新作投資に55億円

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • 待ったなし! 地球温暖化にゴルフ界が一致団結

  • キャロウェイ『マーベリック』ならミスショットがバレない!

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • 毎年恒例の「ヤマハゴルフファンサミット2019」イベントレポート