• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 『N.S.PRO 950GH ネオ』飛び系アイアンに最適なスチールシャフトの改良点

    大矢晃弘
    1982年生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記事で、ゴル...
    SNSでシェアする
    赤いラベルをグリーンに変えて、日本シャフトの長寿ブランド『950』が生まれ変わる。正式名は『N.S.PRO 950GH neo』(950ネオ)で、『950』のデビューは1999年だから20年ぶりのモデルチェンジ。

    日本シャフトを救った『950』誕生秘話

    950GH そもそも『950』は同社にとって、救世主といえる存在だった。バネ大手・日本発条の子会社として1959年に創業した日本シャフトは1989年、1000万本超のスチールシャフトを販売したが、他社のアイアン用カーボンが台頭して3年後には3割減。 その後も凋落は止まらず、1996年には最盛期の10分の1まで落ち込んだ。この時、親会社を含めてシャフト事業撤退の議論が起こり、起死回生を狙ったのが『950』。 当時社長だった池田正和氏は「このモデルが失敗したら後がない。まさに背水の陣でした」と振り返る。 その『950』は昨年8月、累計販売量4000万本を突破して地球一周分の長さに達したとか。

    『950ネオ』はこうして生まれた

    『950GH neo』 その余勢を駆って9月に発売するのが『950ネオ』だけに、営業部の栗原一郎主任も気合が入る。 「『950』のデビュー当時は、薄いアイアンヘッドに重くて硬いシャフトの組み合わせが主流でした。ダウンブローに打たないとボールが上がらず、その悩みを解決したのが軽量スチールの『950』です。 ただ、あれから20年経って飛び系アイアンが登場するなど、ヘッドの大型化とストロングロフト化が進展した。この変化への対応は、喫緊の課題だったのです」 ストロングロフト化でアイアンの総飛距離は伸びたものの、キャリーが減ってランで稼ぐ弾道が一般的になり、この点の改善が求められた。 「アイアンは狙ったところに落とすクラブです。そのため『ネオ』は、中間剛性を『950』より高くすることで相対的に先端がしなり、現代のヘッドでも高弾道かつスピンで止められるスチールシャフトに仕上がりました」

    動画で解説 『950ネオ』はこんなアイアンに最適!

    『950GH neo』 開発に際して、アイアンヘッドのタイプを4分類したという。具体的には、 ①マッスルバック ②セミキャビティ ③大型ヘッド ④飛び系 『950ネオ』は2タイプのヘッドで最適な結果が得られる開発に集中した。ターゲットは『ゼクシオ』に代表される③と、『インプレスUD+2』などの④。 今秋発売の7社8モデルのアイアンに採用が決まり、標準仕様の1スペックで対応する。『950』は過去、クラブメーカーの求めに応じて微妙に仕様を変えたことが長期的ヒットの一因だが、今回は1スペックでフルカバーしていく構え。 『950』との自社競合を防ぎ、『ゼロス』『モーダス』との棲み分けを図る。以下、栗原主任との動画インタビューを掲載しよう。
    この著者の記事
    ゴルフ場・練習場の熱中症対策に! 「推定WBGT値」が分かる「温・湿度計」
    2024年06月12日
    この著者の記事
    熱中症・暑さ対策に必需品! ザムストから折りたたみ日傘が登場
    2024年06月10日
    この著者の記事
    「素振り」だけでボールもマットも不要! 「距離感」「方向性」を養う携帯用デジタルパター練習器具『パッティングビュー』を山田直知&高沢奈苗が使ってみた
    2024年06月10日
    この著者の記事
    SYBの『EG-05』ドライバーは流行りの 「カーボンコンポジット」「極大慣性モーメント」にはない良さがある‼ フルチタンの力強い打感と低スピンの弾丸ライナー
    2024年06月06日
    この著者の記事
    紙パッケージ化で プラスチック使用量を大幅に削減 環境に配慮したダイヤゴルフ
    2024年06月04日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb