• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • スライス防止になるか?TAKUMI JAPAN『TYPE-N』アイアン×『N.S.PRO ZELOS 7』

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    パーツメーカーが推奨するスライス撲滅黄金スペックを坂本龍楠プロがテスト。 スライスの原因となるスイング要素を、1.身体の突っ込み、2.身体の起き上がり、3.手打ちの3つに分類。坂本龍楠プロが3つのスイングタイプで試打をして、スライス撲滅黄金スペックを徹底的に検証した。 今回はTAKUMI JAPAN『TYPE-N』アイアン(7番)に『N.S.PRO ZELOS 7』を装着したスペックでテストした。
    坂本龍楠プロ
    坂本龍楠プロ
    1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は9万5000人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

    軟鉄鍛造のシャープな『TYPE-N』アイアンでも軽く柔らかな『ゼロス7』で捉まるクラブに!

    初見はシビアな軟鉄鍛造アイアンですが、サイズも小さすぎないので安心してスイングできました。ヘッド重量も十分にありボールへのエネルギー伝達力は高いですね。 スライスの原因で身体が突っ込むスイングで打つと、ネックのオフセットで構えた時の捉まるイメージが増して、身体の突っ込みを軽減します。 身体がボールを必要以上に捉まえにいこうとせず、スライスを軽減しています。2つ目の身体が起き上がることによって起きるスライスのスイングですが、クラブを強く振る意識が強すぎてクラブが開き気味ですが、シャープなアイアンでも軟らかく軽量のシャフトと組み合わせることで、タイミングが取りやすくなり、起き上がりを抑制してスライスを無くしていますね。 そして手打ちによるスライスですが、ヘッドサイズが小さ過ぎず大き過ぎないことで、ヘッドが動きすぎないで操作ができて、スライスを軽減していると思います。 軟鉄鍛造の少しシビアなヘッドでも軽軟シャフト装着で、スライサーにも十分使えるクラブになります。 ■TAKUMI JAPAN TYPE-N IRON(7番) 素材S25C/精密鍛造一体製法/ロフト角32度/ライ角61.5度/ヘッド重量271g ■N.S.PRO ZELOS 7 フレックスS/シャフト重量77.5g(カット前)
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb