• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上

    吉村真
    1974年1月22日生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国...
    SNSでシェアする
    『JIGEN』といえば、大手ナショナルブランドと同じ技術力の高い工場で製造されている地クラブヘッド。そのJIGENから7月末、『eRookⅡ』が登場した。 初代のeRook『RK55z』の直進性を踏襲し更なる飛距離を追求したドライバーヘッドだ。 改良された点は、インパクトエネルギーによるヘッド振動をソール剛性を強化することで反発エネルギーをロスなくボールに伝え、より強い直進性をもたらすソール内部に配された「シンメトリーウイング・リブ」。そして、ヘッド後方に軽比重カーボンを採用したことで生まれた余剰重量をソールウエイトに分配。低重心化により、バックスピンの低減に成功。重量調整ビスをヘッドソールの外側に出すことで、更なる低重心化にも成功している。 それに加え、ソール4箇所の重量調整ビスの入替で重心位置を好みの位置に移動可能。そして8つのポジションからロフト角、ライ角、フェース角を選べる弾道調整スリーブだ。 今回は、ギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロが検証する。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    動画で解説

    JIGEN『eRookⅡ』試打インプレション

    半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上 永井:見た目的には、黒一色で締まったヘッド。 そしてカーボンクラウン、ソールの重量調整、重心調整のウエイトビス、そしてネックは弾道調整スリーブを採用しています。それでは試打をしてみたいと思います。 半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上 永井:試打した第一印象は、インパクト効率が高く、低スピン性能がかなり高いヘッドという印象ですね。そしてヘッドの動く方向にボールが飛んでいくイメージのヘッド挙動、弾道ですね。 今日はジゲンの開発営業部長である小林武史さんがいらしているので、性能について聞いてみましょう。 試打した印象で、強く感じたのは数字にも表れているように1940rpmと低スピンです。低スピンに寄与するのは、どのような構造、テクノロジーですか? 半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上 小林:低スピンに関わるのは低重心ですが、大手メーカーのほとんどが重量をソール側にどれだけ配置できるかが勝負になってきます。その中で『eRookⅡ』は、ヘッドの内部を見て頂ければわかるように、可能な限り低い位置にウエイトを配置しています。その一つの構造として、カーボンクラウンだけではなく、ヘッド後方、そしてソール後方もカーボン素材を採用して、より低い位置にウエイトを配置できる構造にしています。 もうひとつは、通常のソールの可変ウエイトはソールの曲面と同等かソールの中に食い込んでいると思いますが、『eRookⅡ』の場合は、調整ウエイトがソールの曲面から飛び出して凸状になっています。通常のソール形状のヘッドより、重心位置が低い位置に設計されています。 永井:内部構造を見せてもらいましたが、大変興味深い構造ですね。ウエイト調整のビスを配置する裏側(内部)に、バーみたいな構造がありますね。 小林:さらなる低重心化のために肉厚を厚くしています。 永井:もうひとつ、試打をしてみて印象的だったのが、ヘッドの挙動です。シャフトの振っていく方向にヘッドが素直に動き、ボールがその方向に出ていきます。左右のヘッドの捻じれを感じませんね。
    <img src="https://gew-web.com/wp-content/uploads/2021/08/jigen4.jpg" alt="半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上" width="800" height="533" class="aligncenter size-full wp-image-68147" /> 試打データ
    小林:今回の『eRookⅡ』については、とにかく直進性にこだわりました。ヘッドはスイング中にブレないことを第一に考え、シンメトリー(左右対称)にソールへ加重することで、ヘッドのブレを抑える構造になっています。 永井:フェース面上の打点のブレに対して、ソールの重量配置がシンメトリーになるということで、バランスの良さ、ヘッドのブレを抑制しているということですね。 小林:実は低重心に寄与しているカーボンの接合にもこだわりがありまして、通常はカーボン素材をヘッドに採用する際は、貼り付けだったりバッチだったりですが、『eRookⅡ』に関しては、ヘッドにカーボンを接合するためのフレーム等がありません。その部分もヘッド重量的にはダイエットができています。そのダイエットした余剰重量分も低重心化の構造に寄与しています。 永井:効果は前作と比べて出ていますか? 小林:スピン量に表れていると思います。今回の試打でも2000回転を切っていますので、非常に低スピン感の強いヘッドだと思います。

    『eRookⅡ』のターゲットは?

    半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上 永井:構造とその効果は、数字にも表れていますね。その中で、『eRookⅡ』のターゲットは? 小林:ヘッドスピードで使用者層をイメージしておらず、アッパーブローのインパクトでスピン量が必要以上に多いゴルファーが一番効果を発揮するヘッドだと思っています。 永井:可変式スリーブでロフト角、ソールウエイトでヘッド重量や重心位置を変更できるとなると、女性ゴルファーもターゲットになると思いますが、ヘッド重量の調整幅は? 小林:ヘッドは192g~204gまで調整できます。 永井:そうなると、幅広ゴルファーに対応できますね。

    『eRookⅡ』はどんなドライバーか

    半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上 永井:低スピンにこだわった『eRookⅡ』ですが、ソールの重量調整、重心調整機能と可変式スリーブで、多くのゴルファーに対応できますし、その点ではゴルファー自身が振りやすいシャフトに幅広く対応できるヘッドだと思います。 ヘッド挙動もスイング軌道に準じて素直な挙動で、インパクトの衝撃やミスヒットによってのブレがない点は、上級者には狭いコースを戦略する武器になります。弾道を操作しながらコースを攻めるゴルフも見えてきますね。
    この著者の記事
    オリムピックより『02』シリーズがフルモデルチェンジでより進化した『03』シリーズゴルフシャフトが登場
    2024年02月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第7回 HS50m/s以上の競技者に 軽柔シャフトで打点安定
    2024年02月10日
    この著者の記事
    PXGの集大成『PXG Black Ops』 驚くようなやさしさと飛距離を実現
    2024年02月03日
    この著者の記事
    ゼクシオ史上最もソフトなフィーリング NEW『ゼクシオ プレミアム』登場
    2024年01月25日
    この著者の記事
    イオン駐車場にインドア出現! GOLFNEXT24イオンモール土浦店に行ってみた
    2024年01月16日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb