• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 全フレックス試打 『N.S.PRO 850GH neo』はこんなゴルファーにマッチする

    大矢晃弘
    1982年生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記事で、ゴル...
    SNSでシェアする
    日本シャフトは3月9日『N.S.PRO 850GH neo』(850 neo)を発売する。同作は2019年に発売した『N.S.PRO 950GH neo』(950 neo)の流れを汲むスチールシャフトだ。 そこで同シャフトをフレックス別に永井延宏プロが試打し対象ゴルファーを解説する。

    【動画】『850 neo』を全フレックス試打

    まずは永井プロによる試打&解説動画を観てもらいたい。フレックスごとの違いを正確に解説するためにヘッドは全て同じモデル(7番アイアン)を装着した。

    フレックス(R、S)別に対象ゴルファーを解説

    N.S.PRO 850GH neo 『850 neo』は既に女子のツアープロも多くスイッチしているため、一般男性のアベレージゴルファーがターゲットとして見えてくる。そこでフレックスごとに永井プロに特性や対象ゴルファーを解説してもらった。アベレージゴルファーが同シャフトを選択する上での参考として見てもらいたい。 ■フレックス:R 永井 まず手にしてみると手元側が太く、そこから感じる全体的な剛性感があるので80g台の軽量スチールとは思えない重量感を感じます。シャフトの重量感や動きに合わせて打ったのですが7番アイアンで155ヤードと飛距離も十分出ました。 印象的だったのはインパクト付近での剛性感。軽量スチールとは思えない鋼のような強靭さを感じますので、インパクト後にボールを押していってくれます。軽量スチールのいわゆる中折れ感やそれによる当たり負けが全くないシャフトなので、カーボンユーザーでもう少ししっかり感がほしい方や7番からしかアイアンを入れていない方などはターゲットになってくるのではないでしょうか。 N.S.PRO 850GH neo ■フレックス:S 永井 Sになると中間部分の剛性感がかなり出てきました。現代の大型ヘッドアイアンには中間剛性の高いシャフトがマッチしますので、まさにそこを研究して作られているのではないかと思います。 実際に打ってみると中間剛性がわりと先端まで繋がっており全体的なしっかり感を感じます。その分体の動きに対してヘッドがついてくるのでフェースコントロールや出球の管理がしやすくロフトの立った厚い球が出ました。 対象ゴルファーとしては女子のツアープロが見えてきますので弾道を打ち分けてみましたが、やはり手元側でやりたいことがダイレクトにヘッドに伝わります。球筋の打ち分けを軽量帯でやりたいゴルファーには非常にマッチするのではないでしょうか。 N.S.PRO 850GH neo

    『850 neo』はこんなゴルファーに最適

    N.S.PRO 850GH neo 永井 『850 neo』のRは軽量スチールのしなりや軽さを残しながらも強靭さのあるシャフトです。その辺りは『モーダス』の技術が継承されているのではないかと思います。振ってみるとスムーズな振り心地を体感できるので、硬い方に番手ずらしで使うとか少し長めで使ってみるとかしたら面白いと思います。 一方Sになると80g台とは思えないしっかり感があるので、逆に軟らかい方に番手をずらして組んでみると面白いのではないかと思います。いずれにしてもそういった細かい味付けができる大型アイアンヘッドにピッタリなシャフトだと言えそうです。
    この著者の記事
    シンプル&スマートなのに高機能!「声」で教えるGPS距離計『VC300A』&『VC4 Aiming』をゴルフ場で使ってみた
    2024年05月20日
    この著者の記事
    ツアープロからアベレージまで力強いインパクトを実現 低スピンの重い球が飛ばせる『Diamana WB』を常住プロが試打
    2024年05月17日
    この著者の記事
    オウンネームで自分だけの1台に! ボイスキャディ史上最軽量&最小の高機能レーザー距離計『Laser FIT』を試してみた
    2024年05月16日
    この著者の記事
    家族で楽しめるインドア「ウィンズFAMILY GOLF」に常住親子が潜入してみた
    2024年05月15日
    この著者の記事
    秋山幸二も絶賛!「飛び」に こだわった福岡発の地クラブブランド! 『KODO DRIVER 460』/『Arcobalenox(アルコバレーノ)』
    2024年05月12日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb