• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 男子ツアーの賞金、減額ラッシュ

    編集部
    SNSでシェアする
      賞金総額の減額申請が受理された大会は次のとおり。「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」1億5000万円→1億3000万円、「フジサンケイクラシック」1億5000万円→1億1000万円、「ANAオープン」1億3000万円→1億1000万円、「キヤノンオープン」2億円→1億5000万円、「ザ・チャンピオンシップby LEXUS」2億円→1億5000万円、「三井住友VISA太平洋マスターズ」2億円→1億5000万円。上記の6試合に加えて、JGTOの特別協力大会である「アジアパシフィックオープンゴルフ選手権パナソニックオープン」も2億円→1億5000万円になっている。   これにより、今季男子ツアーの賞金総額は当初発表の37億1000万円から2億8000万円の減額で、計34億3000万円(7・5%減)となる。「1億円大会」が3試合ほど消えた金額に相当する。   悪いニュースはこれだけではない。昨年、日中の共同開催として鳴り物入りではじまった「パインバレー北京オープン」(5月7~10日、中国北京市)が、開催日程の延期を決定、具体的な開催日が決まらないままだという。JGTOによれば、「大会主催者のフォアピングループから、米ツアーの『ザ・ブレイヤーズ選手権』と同週開催のため、日程を延期したいとの連絡を受け、これを受諾することにしたのです」という。同週開催は以前からわかっていたことだけに、この時期になぜ? との疑念もわく。
    タグ
    トーナメント
    ツアー
    プロ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    朝日ゴルフ Webカタログ 2024
    2024年05月21日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb