1. TOP
  2. ニュース
  3. 大学生になったら経験したいスポーツ 「ゴルフ」はわずか3.7%

大学生になったら経験したいスポーツ 「ゴルフ」はわずか3.7%

ニュース
  15,786 Views

大学ゴルフ授業研究会が主催するゴルフ場体験「Gちゃれ」は、2015年8月10日に第1回(イーグルレイクゴルフクラブ)を開催以降、現在までに60回を超えた。参加学生総数も940名を数え、年内に1000名到達の見通しだ。

ゴルフは学校体育のカリキュラムに含まれない(体育課程を有する高等学校を除く)ため、「未知のスポーツ」として大学体育においては好評な教材である。これから大学生になろうとする高校生がゴルフに興味を持ってくれれば、大学体育でも開講しやすくなるし履修希望者もさらに増えるのではないか。

筆者(武蔵野美術大学准教授北徹朗)と文教大学の小林勝法教授は、上記の観点から『これから大学を目指す高校生は大学体育やゴルフ授業についてどのように考えているのか』を知るために、大学進学を希望する高校3年生1000名を対象に調査を行った。

ゴルフの希望率はスキー、スクーバダイビング、登山よりもはるかに低い

「大学体育で選択したい運動・スポーツ」で最も多く挙げられたのは「バドミントン」(33.3%)であった。次いで「スキーやスノーボード」(23.1%)、「バレーボール」(21.6%)、「ダンス・舞踊」(21.6%)、「バスケットボール」(20.7%)などが続いた。

「ゴルフ」と回答したのは僅か3.7%(29位)。自然の中で行う他のスポーツを見ると、「スクーバダイビング」(10.5%)、「登山・トレッキングやキャンプ」(9.8%)、「サーフィン」(7.3%)であり、いずれもゴルフよりも希望が多かった。

この1年間に試合会場で直接観戦したことがある種目:ゴルフは1.1%

過去1年間のスポーツの直接観戦経験(テレビでの観戦は含まない)を訪ねたところ、67.1%が「観戦経験有」と回答した。そのうち「ゴルフ場でゴルフを見た」経験があると回答したのは1.1%だった。

最も多かったのは「野球」(26.5%)であり、次いで「サッカー」(16.9%)、「バスケットボール」(11.6%)と続いた。

進学した大学で同級生らと応援に行ってみたい種目:ゴルフの希望者は0名

「進学した大学で運動部の応援に行ってみたい」と回答したのは65.8%であった。だが、「ゴルフ部の応援に行きたい」という回答は1件も無かった。

ちなみに最も多かったのが「野球」(30.6%)、次いで「サッカー」(29.4%)であった。

ゴルフに興味を持ってもらうための取り組みや教育が必要

リクルートホールディングスが提供する「雪マジ!」は大学生の間でも有名だが、「ゴルマジ!」を知る学生が多くはないのも高校時代からのこうしたメンタリティが継続しているからなのかもしれない。

筆者は大学教育(大学体育)に「ゴルフ」は最良の教材であると考えている。

その点からも、高校生にゴルフに興味を持ってもらう教育や取り組みが必要と考えている。GMACなどゴルフ業界でもこの点について是非考えて頂きたい。

この調査結果を含む論文は2018年12月発行予定の「大学体育112号」(公益社団法人全国大学体育連合機関誌)に掲載予定。


<調査概要>
・調査期間と方法:2018年9月、インターネット調査。
・調査対象:大学進学を希望する高校3年生1000名(男子500名、女子500名)。首都圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)ならびに地方都市(愛知、京都、大阪、兵庫、福岡)の生徒を対象。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

北 徹朗

北 徹朗

<現職>武蔵野美術大学 身体運動文化准教授・同大学院博士後期課程兼担准教授、サイバー大学 IT総合学部 客員准教授、中央大学保健体育研究所 客員研究員

<学歴>博士(医学)、経営管理修士(専門職)、最終学歴:国立大学法人東京農工大学大学院工学府博士後期課程

<主な社会活動>ゴルフ市場活性化委員会委員(有識者)、公益社団法人全国大学体育連合常務理事、一般社団法人日本運動・スポーツ科学学会常任理事、日本ゴルフ学会理事・代議員、日本ゴルフ学会関東支部事務局長、一般社団法人大学ゴルフ授業研究会代表理事

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【実証実験】真夏のゴルフ場でマイナス約3度の涼しさを保つ帽子を日本企業が開発

  • ブリヂストンスポーツと武蔵野美術大学が「初心者向けクラブ」を共同開発 センターシャフト誕生の経緯

  • 大学生になったら経験したいスポーツ 「ゴルフ」はわずか3.7%

  • 二木ゴルフが大学で講義  グローブ選びやゴルフの楽しみ方をレクチャー

関連記事

  • 6月7日(木)ゴルフ5プレステージ新宿店オープン

  • 初・中級者はゴルフルール改定に反対0% プレー人口拡大の好機に大キャンペーンを!

  • 【実証実験】真夏のゴルフ場でマイナス約3度の涼しさを保つ帽子を日本企業が開発

  • 片山晋呉「プロアマ問題」に関する記者会見

  • 「日本版NCAA」来年2月設立 大体連の小林勝法専務理事が舞台裏語る