1. ニュース

「ゴルフと健康」に関する国際合意2018-第1回ゴルフと健康に関する国際会議-

ニュース この記事を書いた人:
 
「ゴルフと健康」に関する国際合意2018-第1回ゴルフと健康に関する国際会議-

ゴルフによる健康効果に関する研究や調査は国内外を問わず多く出されている。

筆者は、国内外における近年の研究動向 を紹介してきた。 (例えば、ゴルフと健康-産学の協力で研究成果の量産を-Education and Research Topics

昨秋、ロンドンで開催された国際学会「7th International Society for Physical Activity and Health Congress (ISPAH)」の中の企画として、『第1回ゴルフと健康に関する国際会議:The First International Congress on Golf & Health』が開催された。

そこでの合意内容が、このほどイギリスの学術雑誌(British Journal of Sports Medicine)に掲載されたので紹介したい。

「第1回ゴルフと健康に関する国際会議」は、2018年10月17日~18日にかけて、ロンドン市内のクイーン エリザベス II カンファレンス センターにおいて開催された。ISPAH内の「ゴルフと健康プロジェクトチーム」によって共同で開催されR&Aが後援した。

会議において複数の研究者から「大変多く人々がゴルフに付随する健康効果に気づいていない」と述べられ、スポーツへの参加・促進することを目的に合意声明をまとめた。

ゴルフと健康に関連した数々のエビデンスは、心身の健康に貢献のみならず、長寿にも繋がるかもしれないことを示唆する、とBritish Journal of Sports Medicine Volume
52, Issue 22で発表された声明(エジンバラ大学、Andrew D Murrayら)では述べられている。

この原稿に関しては下記URLより誰でも無料で閲覧できる。
https://bjsm.bmj.com/content/52/22/1426

なお、次回のISPAH 国際会議は2020にカナダのバンクーバーで開催されるが、第2回のゴルフと健康に関する国際会議が開催されるのかは明らかにされていない。

日本においてもゴルフと健康に関する「ネタ」は近年豊富に報告されている。

ゴルフプレーそのものが健康に及ぼす影響はもちろん、「プロツアー観戦と観客の歩数」や「真夏のゴルフで熱中症を防ぐ帽子」等々、大学研究者だけでなく、メーカーや一般企業が自ら実証・公表したデータも多い。

例えば、「第1回日本ゴルフと健康フォーラム(仮称)」などを開催し、ゴルフに付随する健康の話題を横断するカンファレンスがあれば有益ではないか。

写真:Golf and Health(https://www.golfandhealth.org/)より


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

「ゴルフと健康」に関する国際合意2018-第1回ゴルフと健康に関する国際会議-

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

北 徹朗

北 徹朗

<現職>武蔵野美術大学 身体運動文化准教授・同大学院博士後期課程兼担准教授、サイバー大学 IT総合学部 客員准教授、中央大学保健体育研究所 客員研究員

<学歴>博士(医学)、経営管理修士(専門職)、最終学歴:国立大学法人東京農工大学大学院工学府博士後期課程

<主な社会活動>ゴルフ市場活性化委員会委員(有識者)、公益社団法人全国大学体育連合常務理事、一般社団法人日本運動・スポーツ科学学会常任理事、日本ゴルフ学会理事・代議員、日本ゴルフ学会関東支部事務局長、一般社団法人大学ゴルフ授業研究会代表理事

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ゴルフと健康」に関する国際合意2018-第1回ゴルフと健康に関する国際会議-

  • 「ブリヂストンオープン2018」に学生を招待 はじめてのゴルフ観戦で大学生が感じたこと

  • 【実証実験】真夏のゴルフ場でマイナス約3度の涼しさを保つ帽子を日本企業が開発

  • ブリヂストンスポーツと武蔵野美術大学が「初心者向けクラブ」を共同開発 センターシャフト誕生の経緯

関連記事

  • 【実証実験】真夏のゴルフ場でマイナス約3度の涼しさを保つ帽子を日本企業が開発

  • 初・中級者はゴルフルール改定に反対0% プレー人口拡大の好機に大キャンペーンを!

  • 大学生になったら経験したいスポーツ 「ゴルフ」はわずか3.7%

  • 「日本版NCAA」来年2月設立 大体連の小林勝法専務理事が舞台裏語る

  • 片山晋呉「プロアマ問題」に関する記者会見

  • 6月7日(木)ゴルフ5プレステージ新宿店オープン