• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ピンの『G410PLUS』は何がプラスされたのか?

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    ピンの大ヒットとなった『G400』シリーズ。その後継機種が3月21日発売される。それが『G410プラス』。 モデル名の採用された「プラス」は『G400』シリーズからの進化を表しているのだが、そのプラスされたものとは?

    ヘッドサイズが455㎤に大型化しても速く振れる

    ヘッドサイズが455㎤に大型化しても速く振れる クラウン上部のタービュレ-ター
    今回発売される『G410』シリーズは、ドライバーが『G410プラス』『G410SFT』の2機種。 FWが『G410 FW』(スタンダード)、『G410SFT FW』『G410LST FW』の3機種。 ハイブリッド『G410 HYBRID』1機種、アイアン型UT『G410 クロスオーバー』1機種、アイアン『G410 アイアン』1機種の計8機種。 そのうち、ドライバーの『G410プラス』と『G410SFT』は前作の『G400』シリーズより10㎤大型化している。 10㎤とはいえ、大型化による振りにくさを感じるゴルファーも存在すると考えてしまうが、今回の『G410』のドライバーは、大型化しても速く振れるから飛ぶという。 その秘密がクラウンのタービュレ-ターなのだ。これまでもタービュレーターは搭載されていたが、『G410』シリーズに搭載されたのは、形状、高さ、角度を見直して、搭載位置もよりセンターに配置。 結果、ヘッド体積を大きくさせても『G400』同等の空気抵抗の低減になっている。つまり、ヘッドを大型化させても速くクラブを振ることができることで、飛距離増加に繋がるということだ。

    「ブレない」にプラスされた可変式弾道調整ウエイト

    ピンG410プラス 「ブレない」にプラスされた可変式弾道調整ウエイト 「ブレない」を進化させ、低深重心&弾道調整機能を実現
    前モデルの『G400』といえば、そのキャッチコピーのひとつが「ブレない」というものだった。つまり方向性だが、『G410プラス』にはクラウンとソールのちょうど中間地点の後方部に弾道調整のための可変式ウエイトが装備された。 このウエイトの装着位置によって、右へのミスを軽減するドローポジション、スタンダードポジション、左へのミスを防ぎやすくするフェードポジションが選択できる。 また、この部分にウエイトを配置することで、慣性モーメントを犠牲にすることなく、ピンの開発コンセプトである低くて深い重心位置を実現できたという。 さらに、その上下方向の慣性モーメントは9000g.cm2とウエイト調整機能が搭載された他社競合商品と比較して約15%も大きい。つまり「ブレない」がプラスされたということになる。
    ピン G410SFT スライサー専用の『G410SFT』
    もうひとつのモデル『G410SFT』には、『G410プラス』のドローポジションよりボールが捉まりやすい重心設計が施されているため、弾道調整機能は搭載されていない。 価格は『G410プラス』ドライバーが6万9000円~と、『G400』よりも値上げされている。

    鈴木愛も平均飛距離がUP

    G410プラス発表会 大出瑞月、鈴木愛、額賀辰徳、永野隆太郎 左から大出瑞月、鈴木愛、額賀辰徳、永野隆太郎
    発表会には鈴木愛、大出瑞月、額賀辰徳、永野隆太郎が登壇。『G410』の試打で鈴木愛は1発目から昨年の平均飛距離239.27ヤードを超える244.7ヤードを記録。その模様は下記の動画に収録。
    この著者の記事
    飛距離でゴルフボールをチョイス スネルゴルフの新ボール登場
    2024年06月24日
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    → もっと見る
    タグ
    PING
    ピン
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb