1. ニュース

レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

ニュース 浅水敦
テーラーメイド M5/M6記者発表会 レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

ツイストフェースがSLEルール規定値ギリギリに進化したテーラーメイドの『M5/M6』ドライバーが2月15日、いよいよ発売される。

参考:テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

タイガー・ウッズやダスティン・ジョンソンなどに提供されるツアーユースのヘッドをすべてのアマチュアゴルファーが手にいれることができる話題のドライバーだ。

今回は1月の記者発表後半で催されたバドミントン元五輪選手・池田信太郎×レーシングドライバー・中嶋一貴によるトークショーを動画でお伝えする。

トークテーマは「スピード」――。

なぜ両氏だったのか? その意図について、同社マーケティング部池田省吾シニアマネージャーが次のように話す。

「契約プロはシンガポールとハワイでツアーが始まっていて国内に誰もいない(笑)。そこで『M5/M6』の製品特徴である“スピード”と接点のあるアスリートを呼びたい、という結論に達したのです。

そこで、カーレーサーの中嶋一貴さん、バドミントンから池田信太郎さんにお願いしたという経緯です。二人ともギアを使ってスピードに関わる競技に出ている、出ていたという部分が決め手になりましたね」――。

バドミントンで初速493km/hを打ち出し、ギネス記録を持つ池田信太郎。昨年、スピードと耐久性が求められるルマンで総合優勝した中嶋一貴。二人は友人同士でゴルフも一緒にいく間柄だとか。ゴルフとスピードの親和性とは?


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

テーラーメイド M5/M6記者発表会 レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 小型ファン付きウエア『AIR COMPO』は涼しい?スイングの邪魔にならない?検証します

  • 創業90年の老舗『ラムキン』の革新的なグリップ、5モデルを永井プロが徹底検証する

  • 業界初!色とデザインが選べるグリップ『CADERO 2×2 PENTAGON DUO』

  • ラズルダズル『CS-03W』ウエッジ ハイバウンス仕様で美しさとやさしさを融合

関連記事

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

  • 失敗を糧に体質改善のテーラーメイド M3とM4の好調で上半期4割増を達成したビジネス手法