1. ニュース

東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

ニュース 井手口香
東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

東京五輪のゴルフ競技会場となる霞ヶ関CCのレストランで、ある「案内」が目に留まった。

当倶楽部では、地球環境保全のため、ドリンクに提供しているプラスチック製ストローの使用を廃止いたしました。ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。なお、フロート、モカフローズン、ミルクシェーキには紙ストローを提供させて頂きます。

食堂委員会

スターバックスコーヒーとマクドナルドは昨年、プラスチック製ストローの廃止を発表。近い将来、世界中の店舗で全廃を目指すという。霞ヶ関CCの小川晴也食堂委員長は、「レストランのスタッフから提案され、昨年9月に実施したのです」―。

五輪を迎えるスタッフの意識はこんなところにも表れている。 霞ヶ関CCは1929(昭和4)年に東コースを開場、1932(同7)年に西コースが完成して日本初の36ホールズとなった。

2016年、トム・ファジオと息子のローガン・ファジオによる改修で、東コースは1グリーン化、総距離も延長された。今年2月、東京2020組織委員会(スポーツ局)とJGAオリンピックゴルフ競技対策本部、これに霞ヶ関CCの担当者を交えて準備状況の説明が行われた。

霞ヶ関CCからは大野了一キャプテンと東海林護グリーンキーパーが出席、活発な質疑応答が行われた。東海林氏の回答主旨は次の通り。

  • 真夏の開催でコースコンディションが気になるが、国際ゴルフ連盟(IGF)から五輪期間中のメンテナンス人員は111名との要望があり、専門スタッフの確保が急務。
  • ギャラリーの安全確保と競技性の高いコース提供を目標に掲げ、日本の高いコース管理技術を発揮したい。
  • コースが世界中に放映されることから綺麗なビジュアルも追求したい。

また、大野キャプテンは、

  • IGFの要望で新しい練習場を造ることになり、西コースの18番ホール(425ヤード・パー4)グリーン手前からティに向かって打つ仮設レンジ(350ヤード)を昨年完成。
  • 横60ヤード、縦40ヤードの芝打席で東コースと同じ品種のヒメコーライを植え、散水・排水設備も整えたことが紹介された。現在、西コース18番は118ヤードのパー3として営業されているが、会員の理解を得ることで練習環境の充実を図った。

会見には同競技対策本部アドバイザリーボードメンバーの樋口久子氏も出席。ゴルフ競技の復活を国際オリンピック委員会(本部スイス・ローザンヌ)に働き掛けた話を披露した。

2009年6月15日のプレゼンテーションが決め手となったが、2016年のリオ大会では、特に男子のトップ選手が軒並み欠場、不評を買ったことは記憶に新しい。東京大会での成功がゴルフ継続の生命線でもあり、「わたしは地元・川越市の出身。皆さんのお力を借りながら是非とも成功させたい」 と意気込みを語った。

冒頭の「紙ストロー」は、この話と無縁ではない。諸事、国際基準の意識を高めることが大会の成功につながっていく。


この記事は弊誌月刊ゴルフ用品界(GEW)2019年4月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。

月刊ゴルフ用品界についてはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

井手口香

井手口香

2007年から東京都内のゴルフ場でハウスキャディとして勤務。16年から東京都ゴルフ連盟の競技委員として競技の運営に携わる。日本ゴルフジャーナリスト協会会員

この人が書いた記事  記事一覧

  • 文化としての「ゴルフ遺産」レーモンド作のクラブハウス巡る悦び

  • 学生18名とのゴルフ対話集会 事前の予想を覆す若者のユニークな本音

  • 東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

  • 日本で2番目に古いゴルフ場 「雲仙」がインバウンドのメッカに変身

関連記事

  • 東京五輪に「無関心」なゴルフメディアの姿勢を問う

  • ギャラリーもボランティアも命懸け?東京五輪のゴルフ競技

  • ZOZO CHAMPIONSHIPに続き、女子プロ新設トーナメント誕生の衝撃

  • ゴルフ新年会で主要トップに直撃動画取材 業界の課題浮き彫りに!

  • 熱中症対策に一石を投じる。高通気性キャップ『エアピーク』で真夏のゴルフを快適に

  • タイトリストTPIレベル2開催で東京五輪を視野に