1. ニュース

ゴルフ版「世界がもし100人の村だったら」 毎年5人の村人をつくろう

ニュース 長野 豪洋
ゴルフ版「世界がもし100人の村だったら」 毎年5人の村人をつくろう

日本には800万人規模のゴルファーがいるとされますが、もしそれを「100人の村」に縮めるとどうなるのでしょう?

85人が男性で、15人が女性です。36人が50歳未満で、64人が50歳以上です。その中で60歳以上は42人います。

40人がゴルフを一番の趣味だという人たちで、60人がそうではない人たちです。

100を切ったことがある人は30人で、その中でシングルハンディのゴルファーは5人、プロゴルファーは1人です。それ以外の人は70人で、村人の大多数を占めています。

月に5万円以上をゴルフに使っているのは7人で、この人達が100人の村を経済的に支えているのです。30人がプロやコーチに習った経験があり、5人はいまゴルフスクールに通っています。70人が誰にも習ったことがない人たちです。

66人のモチベーションはずっと同じようなもので、26人のモチベーションは下降気味。 8人がモチベーション上昇中です 。

いろいろな人がいるこの村では、高齢化も相まって、村人がどんどん減っています。

20年前には200人もいましたが、この2~3年で10人以上も減りました。今は100人ですが、来年も5人以上減るのではないかと言われています。

村人100人のうち99人は、身近にいる誰かから誘われてゴルフを始めました。それなのに、積極的にゴルフに誘う人は100人のうちのわずか8人で、92人は誘うより誘われることの方がずっと多い人たちです。

村の片隅には 「家が近い」「歳が近い」「ゴルフの楽しみ方が同じ」などの共通点を持った村人たちが、インターネットを介してコミュニティを作っています。ここでは村全体の率に比べて、誘う人の割合が高く、皆のモチベーションも高く保たれて、村人は毎日楽しく暮らしています 。

どんなに楽しいことでも、仲間から誘われなければ続ける気持ちを保つのは難しい。誰かと楽しい時間を共有することこそが、ゴルフの楽しみの大きな要素だからです。

ゴルフは健康的で、人間関係を良好にして、時には人の心を強くしてくれる、誰もが笑顔で楽しめる尊くまだまだ人気のスポーツです。

ここからは提案です

もしもあなたが村人であれば、身近にいるゴルフに興味のある誰かをひとり、ゴルフ場に連れて行ってくれませんか。必要な道具は貸してあげてください。

もしあなたが最初にゴルフをした時の「不安な気持ち」を覚えているのなら、その大きな心で 「初心者でも何も心配する事はない。たとえミスばかりで上手くいかなくても、ゴルフを笑顔で楽しもう」 と伝えてくれませんか。上手なプレーができたならば、大きな拍手と言葉でその場で褒めてあげてください。

それがやがて実を結び、毎年新しく5人がこの村にやってくるなら、このゴルフの村はずっと幸せであり続けるでしょう。

(文中の男女比、年齢別等はゴルフリサーチ株式会社会員調査の類推)


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ゴルフ版「世界がもし100人の村だったら」 毎年5人の村人をつくろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

長野 豪洋

長野 豪洋

ゴルフリサーチ株式会社代表取締役社長
横浜&湘南ゆるゆるゴルフ発起人
1979.3.31生まれ
「日本に再度ゴルフブームを起こす」そんなスローガンをもって日々アマチュアゴルファーの意見を吸い上げながらチャレンジを重ねています。為せば成る。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフ版「世界がもし100人の村だったら」 毎年5人の村人をつくろう

  • 初・中級者はゴルフルール改定に反対0% プレー人口拡大の好機に大キャンペーンを!

関連記事

  • 低予算で好感度アップ シビアな女性ゴルファーの心に花や香りで潤いを!

  • 変化は何も怖くない! 今の形をほんの少し 変えて得られた成果集

  • 東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

  • ジュニアゴルファーの環境を好転させる5箇条を提案

  • 「マスターズ」を女性目線で楽しむ方法

  • 世界の面白いカート一挙掲載 日本の電磁誘導カートを見直そう