1. ニュース

世界のツアーで優勝者を続々と生み出す NEW『スリクソン Z-STAR』シリーズ

ニュース 片山三将
181128_dunlop6

使用選手が世界で続々優勝!

NEW『スリクソン Z-STARシリーズ』が2月上旬に発売されたが、早くも世界のツアーで新製品を使用した選手が続々と優勝。

J.B.ホームズ選手(米国)がUSPGAツアーで、ライアン・フォックス選手(ニュージーランド)が欧州ツアーで、ミゲル・アンヘル・ヒメネス選手(スペイン)が米国シニアツアーでそれぞれ栄冠を手にした。

同ボール使用プロの活躍は、海外だけではない。先頃開催された国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で新垣比菜が2位タイに入る健闘を見せた。

前作から大きく進化を遂げたニューモデルだけに、今後も使用プロの活躍が期待できそうだ。

東大が発明した高分子材料「SeRM®」を採用したNEW『スリクソン Z-STAR』

NEW『スリクソン Z-STAR』が、前作と大きく違うところは世界で初めて高分子材料「SeRM®(セルム)」を使用し、飛距離性能とスピン性能を高次元で両立したことだ。

セルムとは、超分子ネットワークを応用した「SLIDE-RING-MATERIAL」の略称。東京大学で発明されたもので、今回ボール表面のコー ティング材料に配合されている。

ダンロップスポーツマーケティングによれば、一般的なボールに使われる通常の分子のネットワーク構造は、大きな力が加わるとひも状の高分子が破断するという。一方、セルムの分子のネットワーク構造は、大きな力が加わっても架橋点が動くため、張力を均一に保つことができるとのこと。

その結果、形状復元性、対傷特性、耐衝撃性、振動吸収性に優れているという。それにより、従来のコーティングよりも70%ソフト化されているので、フェースへの食いつきがよく、ショートゲームのスピン量がアップするだけではなく、フィーリングがさらにソフトになったという。

実際、ボール表面を触っただけでも粘り感が前作とは違う。喩えるなら「もち肌」のようなしっとり感といったところ。また、ショートアプローチを前作と比べてみたが、フェースの食いつき感も強く、低めでキュキュッと止まるスピンコントロールも効いている。

しかし、今回のボールはスピン量アップやソフトフィーリングだけではない。NEW『スリクソン Z-STAR』はミッド層の硬度を高め高反発化し、さらに外剛内柔度を高めることで高打ち出し・低スピンを実現。

一方、『同XV』もアウターコアを大きくした新2層コアにより高反発化。従来の飛距離性能を維持しながらフェースに食いつくソフトな打感とスピン性能を両立させたという。

スリクソンユーザーや同ボールへの関心が高いゴルファーにとっては、待ちに待ったニューボールの誕生といえるだろう。なお、価格はオープンだが、実勢売価は1ダース6300円(税別)前後となる。

「ぶっ飛び×一直線」をコンセプトにした『ゼクシオ クロス アイアン』を新発売

また、もう一つ同社の注目モデルとなるのが、「ぶっ飛び×一直線」というフレーズで今までの飛び系アイアンの概念も変えるといわれる『ゼクシオ クロス』アイアンだ。

同モデルは、「ドライバーはもちろん、アイアンでもとにかく飛ばしたい」「150ヤードをショートアイアンで狙いたい」というゴルファーに圧倒的な飛距離性能を提供するというもの。

また、飛距離性能に加えて、「飛び系アイアン」といわれるストロングロフトタイプのアイアンを使用するユーザーの悩みである「球のバラつき」を抑える直進性も兼ね備えた、『ゼクシオ』から新たなコンセプトとして提案するモデルだ。

ゼクシオクロスの特徴

特徴1:「Speed Titan Face」驚異の高初速、飛びを生み出すゼクシオ史上最薄設計フェース

ゼクシオ史上最も薄く設計されたチタンフェース(フェース厚:2.0mm)の反発力に加え、フェース裏面の下部からトウに刻んだ「スピードグルーブ」がより大きなたわみを生み出し、対象ユーザーの打点傾向に合わせた広範囲な反発エリアを実現。

圧倒的な高初速により大きな飛びを約束するという。

特徴2:「Super Toe Weight」が打点のバラつきに負けない高い直進性を生み出す

ソール部トウ側に高比重の「Super Toe Weight」を配置したことに加えて、フェースとネック部の余剰重量をヘッドに最適配分したことでヘッド左右の慣性モーメントが増大。打点がバラついてもヘッドの挙動を安定させ、高い直進性が得られる。

さらに、高い打ち出しとつかまりの良さをサポートする専用カーボンシャフト、ヘッドスピードアップを促すマイクロパターンを採用したグリップなど「飛び×一直線」を謳うだけの充実した製品内容だ。

なお、セット構成は7本セット(#7~9、PW、AW、DW、SW)、4本セット(#7~9、PW)。それに単品(#5、6、AW、DW※、SW)も用意。

メーカー希望小売価格はカーボン装着が1本2万4000円+税、スチール装着が1本1万9000円+税。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

181128_dunlop6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • マジェスティゴルフ『KSパター』重ヘッドのロフト4度で球が上がる

  • スピン2000回転台で269.8y『マジェスティ ロイヤル』は強弾道

  • プレインパクトが安定する『ロイヤルグリップ SL』右手で打ちにいく悪癖が治る?

  • パーフェクトプロ『X HOLD ブラックシリーズ』衝撃吸収に優れたグリップをテスト

関連記事

  • 【終了しました】日本シャフト2019新製品発表会ライブ配信

  • シニアツアーはジョークの応酬 「ファンケルクラシック」記者発表

  • 東京五輪に「無関心」なゴルフメディアの姿勢を問う

  • 酷暑時間はクローズの練習場「来場者の健康第一」で踏み切った

  • 新規則施行から半年、「ゴルフルール狂想曲」の顛末をJGAに聞く

  • 女性ゴルファーのデビュー請負人に聞く!超初心者の「手ほどき術」