1. ニュース

あなたの飛距離が生まれ変わる。 TENSEI CK Pro Orange シリーズ上陸

ニュース 吉村真
三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)

三菱ケミカルは2月上旬、『TENSEI CK Pro Orange』シリーズを発売した。トッププレーヤーが求める飛距離性能と、タイトなフェアウェイをヒットし続ける正確性を実現している。

世界のツアーシーンを席巻し、2017-2018シーズンの海外メジャー競技で最も多くのプレーヤーが手にした『TENSEI』。ツアープレーヤーの中でも一気に使用者が増加した。

その『TENSEI』が遂に日本上陸を果たしたのだ。

『TENSEI CK Pro Orange』シリーズは、タングステンプリプレグシートをバット側に配置する最適重量配分設計により、フィニッシュまでストレスのない振りぬきを実現。

また、炭素繊維と高強度で衝撃安定性に優れるケブラー繊維のハイブリッドクロスが、これまでにない新たなフィーリングをもたらしている。

このハイブリッドクロスには、同社の高性能中弾性炭素繊維である「MR70」が採用されている。

これは原料繊維・プレカーサーの製造プロセスから見直し、従来では難しかった弾性率と強度の高次元での両立を果たした画期的なカーボンファイバー。その「MR70」もこれまでにないフィーリングを生み出している要素のひとつといえるだろう。

実は、それだけではない。注目されているのは、タングステンプリプレグシートとケブラー繊維だが、この『TENSEI CK Pro Orange』には、通常のシャフトに使われる倍の数の素材が使用されている。

その数11種類で、「高機能で取り扱いが難しい素材が多く、当社の技術力でなければ、できなかったシャフトだと自負しています」(同社)

そのため、デザインもこれまでの同社シャフトと異なり、ミッド部のロゴから上部のバッド部分までのスペースは、敢えて華美なデザインを施さず、高機能素材の素材感を前面に押し出している。

それらの多くの素材を採用できるのも、カーボンシートではなく、カーボン繊維から独自に製造している同社の最大の強みといえるだろう。

当初、米市場、特に世界最高峰と謳われる米PGAツアーのトップアスリートをはじめ世界のツアープレーヤーや、ハードヒッター向けに開発された『TENSEI CK Pro Orange』だが、これまでにない振り抜き感、フィーリング、飛距離性能を多くのゴルファーに提供するため、米市場で発売時にラインアップされていなかった50g台の重量帯を日本市場上陸を機にラインアップ。

世界の飛びを幅広いプレーヤーに提供するという。 「当社の売れ筋は市場の潮流と同じで60g台のSフレックスが中心ですが、50g台のSフレックスの販売シェアは確実に増加しています。

米PGAツアーですら、60g台の使用率が上昇していますので、アマチュアゴルファーなら、尚更なんです」

そのような背景も、『TENSEI CK Pro Orange』に50g台の重量帯が追加された理由でもある。

そもそも「TENSEI」は、材料開発からの一貫生産を可能とする三菱ケミカルのアドバンテージを生かし、選択肢の制限を設けずに多様な材料を用いてプレーヤーが求める性能を実現するネオ・アスリートブランド。

これまでにない性能を実現するために「数多の材料が、高性能シャフトとして転生する」こと、また天性、転成、点睛にも通じる、「テンセイ」をブランド名としているという。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ミート率と直進性UP!短尺シャフト『Speeder(スピーダー)SLK』を検証する

  • 飛びの革命『MA01D』シリーズ 篠崎愛プロがモダートでレギュラー参戦

  • ビッグキャリーで飛ばす。 超軽量の最新シャフト『GRAND BASSARA β』を永井プロが検証

  • 「今、地球上にある材料で、最高に飛ぶシャフトを作る!」 DAYTONA SPEEDER誕生

関連記事

  • 三菱ケミカル 2019 Webカタログ

  • 米PGAで人気の『TENSEI』がついに日本上陸!永井プロ試打レビュー

  • 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?

  • 飛距離200ヤードでも使える! アスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」  

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト

  • ディアマナ RFは飛びにこだわるアスリートへおすすめ!永井プロの試打インプレッション