1. ニュース

ツアープロも飛ばし屋も使える! マットカラーの『ボルビック』がフルラインアップ完成!

ニュース 片山三将
ツアープロも飛ばし屋も使える! マットカラーの『ボルビック』がフルラインアップ完成!

『ボルビック』のラインアップを大幅に拡充 FDRが販売する『ボルビック』のフルラインが完成した。

同社はこれまで、世界初のマットカラーボール『ボルビック ビビッドシリーズ』を中心に展開していたが、昨年ウレタンカバーのツアー系ボール『S3』、『S4』のリニューアル。

ツアープロも飛ばし屋も使える! マットカラーの『ボルビック』がフルラインアップ完成!
S3、S4

そして今春、世界ドラコン選手権や日本国内のLDJ(ロング・ドライバーズ・オブ・ジャパン)の公式球ともなるディスタンス系ボール『VIVID XT AMT』をラインアップに加え、幅広いゴルファーへ販売する体制が整った。今年の展開について、神谷秀樹社長が語る。

「世界初のマットカラーボールという目新しさでエンジョイゴルファーを中心に認知度が高まってきた『ボルビック』ですが、将来的にボール市場でシェアを伸ばしていくには、やはりツアープロも使う本格的なボールメーカーというイメージを得ないといけません。

そこで昨年、下川めぐみ選手、そして今年は藤田さいき選手と契約、ウレタンカバーのツアー系スピンボール『S4』を強く訴求していきます」

ツアープロも飛ばし屋も使える! マットカラーの『ボルビック』がフルラインアップ完成!
下川めぐみ

藤田プロとの契約で、ツアー色を一気に訴えていくが、その藤田プロが使うのが「グリーン」と目を引く色だ。

「ツアーでもカラーボールを好む選手が出てきたタイミングで、藤田プロがグリーンを使ってくれるのは当社にとってもいいアピールになります。他のプロへの波及効果や媒体での露出効果を含め、大きな期待を寄せています」

ツアーでも話題を呼びそうな「グリーン」ボールだが、同社が訴求していくのは、ツアー系ボールだけではない。ドラコン選手御用達の『VIVID XT AMT』というディスタンス系ボールの販売にも注力していく。

とにかく飛ばしたい!そんな飛距離重視のアスリート向け『VIVID XT AMT』

とにかく飛ばしたい!そんな飛距離重視のアスリート向け『VIVID XT AMT』
VIVID XT AMT

「『ボルビック』は周知の通り、世界ドラコン選手権やLDJの試合で公式使用球として使われていた「VIVID XT」。それが今春新たにアップグレードして発売される『VIVID XT AMT』というボールです。

AMTとはアドバンスド・マテリアル・テクノロジーの略ですが、特徴は2層コア。一般的な2層コアはボールを打った時に1層目と2層目のエネルギー伝達効率が悪くなるのですが、『VIVID XT AMT』の2層コアはナノレベルでくっ付いているのでインパクトでのエネルギー伝達効率がいいのです。

だから、ヘッドスピードが速いドラコン選手が打ってもしっかりとパワーがボールに伝わるので飛びに繋がるわけです」

ツアープロも飛ばし屋も使える! マットカラーの『ボルビック』がフルラインアップ完成!

世界ドラコン選手権など公式な試合で使われる理由がキチンとあるという。  そこで気になるのが、製品対象者。どんなゴルファーにおススメなのか。 「社会人アマやアマチュア公式競技などに出る競技ゴルファーではありません。

そちらはツアー系ボールの『S3』や『S4』でカバーしていきます。当社が『VIVID XT AMT』の対象者として狙っているのは、昔、野球をやっていたなど飛距離を重視するアスリートゴルファーです。

こういう人たちはエンジョイゴルファー向けの『VIVID』は好みません。かと言って、ウレタンカバーも使わない。

とにかく飛距離を出すことがゴルフの醍醐味と考える人たちなので、『VIVID XT AMT』の飛びを訴求できると考えています」

なるほど。そういった力自慢のアスリートほどドラコンに注目する。そのドラコン大会で『VIVID XT AMT』が使用され、『ボルビック』のロゴが露出されれば自ずと意識がそちらに向く。

市場的にはニッチかもしれないが、ピンポイントの訴求力としてはかなり強く感じる。

以上、今年の『ボルビック』の商品構成と販売に対する考え方を紹介したが、それぞれのモデルの立ち位置が明確な上、それに伴うプロモーションも的確。ターゲットにしっかりと伝わりそうだ。

また、今年中にはエントリーレベルのゴルファーが気軽に購入できるボールの発売も検討し、さらに使用者の幅を広げたいという。

今まで『ボルビック』といえば、エンジョイゴルファー向けといった印象もあったが、多様なバリエーションになったことで、そのイメージに幅が出た。様々なタイプのゴルファーが『ボルビック』というブランドに対して、色んな受け止め方ができるのではないか。ただ、そのベースとなるのはマットカラーボールが演出する「遊び心」。

そのマインドを持ったゴルファーのハートを射止めそうな商品群である。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ツアープロも飛ばし屋も使える! マットカラーの『ボルビック』がフルラインアップ完成!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プロも多数愛用するIOMICの『メビウスブラック』グリップをテストする

  • クラブデザイナーとツアープロコーチが異色のタッグ「バンカーの救世主」SAND SAVER

  • グリップの色の好みで男女差はあるのか!異色の座談会を開いてみた

  • 重量の概念はもう古い? スピードで全ゴルファーをターゲットに据えたTS1

関連記事

  • クラブデザイナーとツアープロコーチが異色のタッグ「バンカーの救世主」SAND SAVER

  • カギは「じわる」マーケティング練習場とゴルフ場で実感した心に染み入る新サービス

  • 「焼き芋物語」 ゴルフ練習場ティールーム 自慢のメニューが続々誕生

  • グリップの色の好みで男女差はあるのか!異色の座談会を開いてみた

  • ゴルフ場でプレーしているようなリアル感を再現 最新技術とグラフィックを備えた『Golf Navi(ゴルフナビ)』

  • さらに軽く、 もっと自由に振れる 『MK-7 PrototypeⅡ』