1. ニュース

PLAY GOLF EASY フェースのどこに当たっても真っすぐ遠くへ飛ぶ

ニュース マジェスティ 片山三将

エンジョイゴルファーのど真ん中に打って出る

マジェスティゴルフは3月22日、『マルマン シャトルゴールド』(ドライバー、FW、UT、アイアン)を発売した。

今までの『シャトル』はシニア向けのお助けクラブという位置づけだったが、シニアは『マジェスティ』への一本化を図り、今回の『シャトル』はその下の年齢層が製品対象者になる。

具体的には、今までヘッドスピード40m/s以下を対象にしていたが、今作では40m/s~42m/sへ変更。エンジョイゴルファーのど真ん中に打って出る。

それに伴い、製品内容も変えていく。

「前作のドライバーの総重量は280gと軽量でしたが、今作では292gとやや重くし対象者に合わせています。ただ、やさしさを全面に押すという『シャトル』の理念は変わらず、『プレイ・ゴルフ・イージー』で展開していきます」(マーケティング本部の岩井徹氏)

そのやさしさを特徴づけるのが、ドライバーの重心深さ、慣性モーメント、そして重心アングルだ。

前作の『シャトルNX-1』と比較すると、重心深度は36.5mm→45.0mm、慣性モーメントは4000g・㎠→4800g・㎠、重心アングルは23度→32度と大幅な数値変更が見られる。

「最近の大型ヘッドは低重心化も促進していますが、重心を低くするとどうしても浅くなります。それがボールがつかまらない原因にもなっていました。そこで『シャトルゴールド』はクラウンにカーボンを採用し軽量化、その分の重量をソール後部に配することで低く深い重心位置を確保、ボールのつかまりやすさを実現しました」

製品力に並々ならぬ自信を見せる。

ドライバーの価格は7万5000円。フェースのどこに当たってもやさしく、真っすぐ、正確に 一方、アイアンは高弾道を生み出す「深低重心設計」。

さらに、フェースに高強度材を採用して弾き感を出すとともに、ソール内部の薄肉部を広げ、打点のバラつきを抑えるなど、随所にやさしさを搭載した。フェースのどこに当たっても真っすぐ飛ぶ。そんなやさしいモデルに仕上げている。

価格は4本セット(7・8・9・PW)で8万円(税別)。単品で5・6・P/S・AW・SWが各2万円(同)。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • マジェスティゴルフ『KSパター』重ヘッドのロフト4度で球が上がる

  • スピン2000回転台で269.8y『マジェスティ ロイヤル』は強弾道

  • プレインパクトが安定する『ロイヤルグリップ SL』右手で打ちにいく悪癖が治る?

  • パーフェクトプロ『X HOLD ブラックシリーズ』衝撃吸収に優れたグリップをテスト

関連記事

  • マルマン『SHUTTLE GOLD』をテスト!7番で190ヤード驚愕の飛び

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生