1. ニュース

ツアーベルベットにPLUS4、 そして新たなTOUR SNSRが登場

ニュース 日本フェィウィック 吉村真

グリップメーカーのゴルフプライド。今年も新たなモデルが発売される。

世界で一番売れたといっても過言ではない「TOUR Velvet」にグリップ下部をテーパーレス形状にデザインした『TOUR Velvet PLUS4』(スタンダードサイズ、ミッドサイズ)』と、完璧なフィット感を提供するために開発されたパターグリップ『TOUR SNSR CONTOUR PRO 104cc/140cc』だ。

20年以上、プロアマ問わず多くのゴルファーに愛される「TOUR Velvet」。自身のスイングタイプに合わせて利き手部分を太くするため下巻きテープを何重にも巻くゴルファーは多い。

その下巻き約4枚分の厚さをグリップ形状に落とし込んだのが、「PLUS4」シリーズ。その「PLUS4テクノロジー」を搭載したのが、『TOUR Velvet PLUS4』だ。

もちろん、『MCC PLUS4』などのツアーでの使用率をみれば、その効果は絶大。利き手部分が太いため、自然とグリッププレッシャーは弱まる。それによって力みが軽減され、スムーズなスイングに導いてくれる。

また、左右のグリップをバランスよく握れるため安定して飛ばすことができ、ミート率向上にも繋がる。多くのトッププレーヤーが「PLUS4」シリーズを使用するのも頷ける。

それだけではない。今回の『TOUR Velvet PLUS4』は、「TOUR Velvet」を継承しながらも素材の配合を変更して8%軟らかい素材を使用。時代が求めた新たなスタンダードといえるだろう。

一方の『TOUR SNSR CONTOUR PRO 104cc/140cc』もユニークだ。

パターグリップとして多くのクラブメーカーのパターに採用され、また定番となってきた『ツアートラディション・パター』を太くしたというのが第一印象。

その最大の特長は形状だ。グリップ正面はエンド側を凹ませ、中央は膨らませる。それによって、これまで以上にゴルファーの手にフィットするので、力むことなくリラックスしたグリッププレッシャーでパッティングに臨むことができる。

これこそ、ゴルファー、そしてグリップを知り尽くすゴルフプライドのパターグリップといえるだろう。

もちろん、新開発のSNSRラバーでインパクトのフィーリングを手元にダイレクトに伝え、微妙なタッチを導き出すことも大きな魅力だろう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 6代目『スピーダーエボリューション Ⅵ』安定したインパクトと飛距離を生むシャフト

  • 第4世代の集大成『ディアマナZF』さらに高次元の飛んで曲がらないを追求したシャフト

  • 最長飛距離でギネス認定!『The Roots Jin』ドライバーを徹底解説

  • 老舗軟鉄鍛造アイアン『TAKUMI JAPAN』初心者から上級者まで選べる3タイプを永井プロが試打!

関連記事

  • 本間ゴルフ菱沼副社長インタビュー:カジュアルゴルファーに向けた「XP-1」の狙いとは?

  • 大型台風頻発でゴルフ練習場に求められる近隣住民とのコミュニケーション

  • ツアーサポートの舞台裏「アイアンは打ちたい距離でロフト調整、 バランス軽視の米国流セッティング」

  • タイガー・ウッズ愛用の『ベゼル』から通勤にも使えるバックパックなど続々

  • 猛烈台風の爪痕 千葉県マグレガーCC「復旧の軌跡」を現場の目で

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います