1. ニュース

来場者待望のパターゲーム大会を復活! バッジの魅力も訴求

ニュース 片山三将

ヤマト徽章は今年、ジャパンゴルフフェア(JGF)で好評だった「パターゲーム大会」を復活させた。

同社はトロフィーやカップなど徽章関連メーカーということもあり、毎年JGFで「表彰される喜び」を子供に知ってもらう目的で、親子参加型の「パターゲーム大会」を実施していた。

しかし、昨年はフェアにおける企画の方針転換もあり、大会を開催しなかった。すると、パターを持った多くの親子連れがブースを訪れ、「毎年楽しみにしていたのに残念です」…。大会を楽しみにしていた人がたくさんいたことを知り、それが復活のきっかけとなった。

また、復活の影には若手社員の意見もあった。同社は昨今台頭するSNSの影響もあり、ユーザーとのコミュニケーションを若手社員に委ねるケースも増えているという。

フェイスブックやライン、インスタグラムで同社製品を魅力的に紹介、ファンを増やす施策も取っているのだ。こういった考え方のもと、JGFのブース構成や企画も若手社員に任しているが、若手からユーザーとコミュニケーションを図るにはイベントが欠かせないという意見もあったという。

それが大会復活の後押しとなったという。 同社の主力商品は1個からでもオーダーできるクリスタル系トロフィーなどだが、今年のフェアではバッジも訴求した。

ヤマト徽章は今年で創業98年、再来年に100周年を迎える老舗だが、そもそも企業の起こりがバッジ製造だった。

原点回帰ではないが、もう一度バッジの魅力を世間に伝えたいとか。

バッジには、光金、光沢銅、ピンクゴールド、そして黒メッキなど多様な種類がある。そして、つけることで人の気持ちも変わる。例えば、社章バッジには会社の結束を高めるという効果がある。また、バッジコレクター同士が自慢の品を交換するコミュニティ作りにも一役買う。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

  • 個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

  • ユーザーの認知度向上でマーケットが広がる『パーフェクトプロ』

  • 理想のパッティングが身につく“養成ギブス”『ダイヤプロパット』

関連記事

  • アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

  • 個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

  • 有賀園の高反発ボール、高崎市が返礼品に採用 総合ブランド化を目指す『韋駄天』

  • お手頃価格でアマゾン 売上1位のレーザー距離計 『TecTecTec』を渡辺製作所が取扱い開始

  • エコ・無臭・手荒れなしで 工房が注目!「水」でグリップ装着できる両面テープ

  • レジェンズツアー使用率22%の『Waoww(ワオ)』に待望のFW登場