1. ニュース

『Arch』シャフト、164αにフレックス追加 PROTOTYPEを限定発売

ニュース 浅水敦
『Arch』シャフト、164αにフレックス追加 PROTOTYPEを限定発売

「『Arch』シャフトは、一発の飛距離よりも平均飛距離を伸ばそう、というのを開発コンセプトに置いています。

とはいえ、飛距離を犠牲にして方向性を求めるのではなく、安定した飛距離性能を求めるという意味です。

我々はゴルファーすべての味方でありたい。『Arch』シャフトの開発と販売を通じて、一人でも多くのゴルファーの笑顔が見たい。使った人から〝ありがとう〟といわれるのが一番うれしいですね」

こう話すのは『Arch』シャフト製造元のHopeFul岸川勇人社長だ。

設計及び監修は、シャフト作りのスペシャリスト村上雅一氏が行っており、高弾性繊維のノウハウと、そのメリットを活かした作り込みを得意とする。

3年前に福岡で産声を上げたばかりの新興メーカーだが、ドライバー用は『KaMs16509』(7万2000円)、『KaMs16609P』(同)をはじめ『KaMs164α』(6万円)の3モデルを展開中。

このほど『KaMs164α』にフレックス24、25が新たにラインアップ。39~70g台の計16種類で、重量帯が変わっても同じように振れるのが特徴だ。

FW専用シャフト『WL-01』、『WH-01』

昨年末に投入されたFW専用シャフトが、軽量の『WL-01』(4万8000円)、重量級『WL-01』(同)。47~73gの計11種類を展開する。

アマチュアゴルファーの大半は、地面にあるボールをスウィープに打とうとしてダフる傾向が多く見受けられるとか。

そこに着眼し、シャフトの動きで、やや上から入れられるように設計を施したのが『WL-01』、『WH-01』である。

PROTOタイプを限定発売

FW専用『WL-01』、『WH-01』の投入から数ヶ月が経過するが、予想以上の反響だという。

そのシャフト特性をドライバー用へ改良したスピンオフモデルを『PROTOTYPE』として投入、4月より限定発売する。

村上氏によれば、 「『PROTOTYPE』はフェアウェイ用から派生したシャフトで、飛距離はそのままにさらに方向性を重視したいゴルファーに向けたモデルです。手元側へ重量配分を行っており、総重量は重くなりますが、コントロールしやすいシャフトに仕上がっています」

重量帯は50〜60g台で、フレックス24(54g)、25(60g)、26(63g)、27(66g)の4タイプを用意。価格は各1本6万3000円。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

『Arch』シャフト、164αにフレックス追加 PROTOTYPEを限定発売

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「LIFE&TURF」オンコースから日常までプレー と生活をシームレスにつなぐアパレルコレクション

  • 場面に合わせ、スピンと弾道を最適化 『T//WORLD-W』新登場

  • 『PGM Challenge』の開催が決定

  • 興安計装、女子プロ綾田紘子とスポンサー契約を締結

関連記事

  • 練習場でもコースでも簡単スイングチェ ック!コールマン社コラボスタンド

  • 藤本技工『FG-101CB FORGED』~ゴルファーが大満足の軟鉄鍛造アイアン 打感、形状、弾道のバランスは秀逸~

  • 世界ゴルフ選手権公式デザインのキャディバッグを数量限定発売

  • 3D金属プリンターでパターを作る現場を突撃取材

  • 『ボーケイ フォージドウエッジ』を新発売

  • 「LIFE&TURF」オンコースから日常までプレー と生活をシームレスにつなぐアパレルコレクション