• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 『Arch』シャフト、164αにフレックス追加 PROTOTYPEを限定発売

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    「『Arch』シャフトは、一発の飛距離よりも平均飛距離を伸ばそう、というのを開発コンセプトに置いています。 とはいえ、飛距離を犠牲にして方向性を求めるのではなく、安定した飛距離性能を求めるという意味です。 我々はゴルファーすべての味方でありたい。『Arch』シャフトの開発と販売を通じて、一人でも多くのゴルファーの笑顔が見たい。使った人から〝ありがとう〟といわれるのが一番うれしいですね」 こう話すのは『Arch』シャフト製造元のHopeFul岸川勇人社長だ。 設計及び監修は、シャフト作りのスペシャリスト村上雅一氏が行っており、高弾性繊維のノウハウと、そのメリットを活かした作り込みを得意とする。 3年前に福岡で産声を上げたばかりの新興メーカーだが、ドライバー用は『KaMs16509』(7万2000円)、『KaMs16609P』(同)をはじめ『KaMs164α』(6万円)の3モデルを展開中。 このほど『KaMs164α』にフレックス24、25が新たにラインアップ。39~70g台の計16種類で、重量帯が変わっても同じように振れるのが特徴だ。

    FW専用シャフト『WL-01』、『WH-01』

    昨年末に投入されたFW専用シャフトが、軽量の『WL-01』(4万8000円)、重量級『WL-01』(同)。47~73gの計11種類を展開する。 アマチュアゴルファーの大半は、地面にあるボールをスウィープに打とうとしてダフる傾向が多く見受けられるとか。 そこに着眼し、シャフトの動きで、やや上から入れられるように設計を施したのが『WL-01』、『WH-01』である。

    PROTOタイプを限定発売

    FW専用『WL-01』、『WH-01』の投入から数ヶ月が経過するが、予想以上の反響だという。 そのシャフト特性をドライバー用へ改良したスピンオフモデルを『PROTOTYPE』として投入、4月より限定発売する。 村上氏によれば、 「『PROTOTYPE』はフェアウェイ用から派生したシャフトで、飛距離はそのままにさらに方向性を重視したいゴルファーに向けたモデルです。手元側へ重量配分を行っており、総重量は重くなりますが、コントロールしやすいシャフトに仕上がっています」 重量帯は50〜60g台で、フレックス24(54g)、25(60g)、26(63g)、27(66g)の4タイプを用意。価格は各1本6万3000円。
    この著者の記事
    アクティブAKIBAが『スイングナビ』一斉導入、その活用法とは?
    2024年02月22日
    この著者の記事
    テーラーメイド史上最高の慣性モーメント ぶっ飛び系 10Kドライバー登場
    2024年02月20日
    この著者の記事
    ゴルフシーンを強く鮮やかに演出 テーラーメイド2024春夏コレクション
    2024年02月19日
    この著者の記事
    単体使用でも効果を発揮!ガラスコーティングの メンテナンス剤『トップコート』登場
    2024年02月15日
    この著者の記事
    最新テクノロジーと高級感のあるデザインが融合した革新的な『BERES』登場
    2024年02月11日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    書籍発売のお知らせ
    2024年02月20日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb