1. ニュース

さらに軽く、 もっと自由に振れる 『MK-7 PrototypeⅡ』

ニュース 浅水敦
さらに軽く、 もっと自由に振れる 『MK-7 PrototypeⅡ』

「私たちがつくっているのは、精密機械なのかもしれません。一本、一本のシャフトに、ひとつひとつの素材にそして一回一回の工程にこだわりを貫いています」

こう熱く語るのは、埼玉県入間市に本社工場を構えるFSPの小林義浩社長。

同社が目指しているシャフト、それは究極の品質と性能だ。

カーボンは、低弾性から高弾性まで、厳選された高品質素材を幅広く使用し、プライ(切片)については、通常の倍以上に及ぶ。それらは様々な部分へ何層にもわたり巻かれモデルやスペックの多様さによりさらに複雑になっていく。

そして、多方向からも硬度が同じになるよう何度も検証し、研磨を繰り返して限りなく正確な真円を目指している。

それは、どこまでも繊細できめ細かく、熟練した職人の技術でなければ、本当に納得できるものにはならない。頑なに国内一貫生産と手造りに拘る理由はここにある。

その同社のフラッグシップモデルが『MK-7』シリーズ。なかでもパワーヒッター限定の長尺シャフト『MK-7プロトタイプ』は、剛性と反発性能を高めたアスリート仕様である。

しなり感を併せ持つ『MK-7』の基本性能を受け継ぎながら、高弾性カーボン比率を高めており、具体的には1mm幅のカーボン帯を5方向に編んだ5軸組布と東レの炭素繊維T1100Gカーボンをハイブリッド。

これにより、長尺仕様でも先端がブレずに、しっかり感が得られる仕組み。シャフトの筒状剛性と反発性能を進化させた設計となっている。

無意識にあるがままに振る理想のスイングをシャフトで体現してくれるのが『MK-7』であり、さらにアスリートやハードヒッターが恩恵を授かれるモデルが『MK-7プロトタイプ』である。

そして、さらに軽量化が図られた『MK-7プロトタイプⅡ』も追加ラインアップ。

「MK-7プロトタイプ」の基本構造・性能はそのままに高弾性カーボンをハイブリット化。高剛性と反発性能を損なうことなく、しなやかな走り感を加味した振り心地にこだわった第二世代シャフトという位置づけになる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

さらに軽く、 もっと自由に振れる 『MK-7 PrototypeⅡ』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 福山ゴルフ『F1-SKYWARD α』61ミリのディープフェースが放つ低スピン・強弾道ドライバー

  • 国内導入実績NO.1ゴルフシミュレーター・ゴルフランド『Joy Golf Smart+』が選ばれる理由

  • 非常識のデパートPRGR『egg』 短尺が合うゴルファーを動画で解説

  • 【ミート率アップを検証】本間ゴルフ『XP-1』ドライバー3球勝負の結果は?

関連記事

  • 鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

  • 練習場契約の地元プロ鶴岡果恋ちゃんに親心でアドバイス

  • 国内導入実績NO.1ゴルフシミュレーター・ゴルフランド『Joy Golf Smart+』が選ばれる理由

  • ゴルフ観戦初心者の素朴な疑問 東京五輪を迎える前にゴルフ好きを増やそう

  • 教えるとは学ぶことなり トレンドとかけ離れたゴルフの現状を再発見

  • 本格的なグリーンを導入した「早稲田ゴルフスクール&レンジ」に迫る