1. ニュース

完成度の高いものづくり 『MYSTERY』シリーズ

ニュース 浅水敦
完成度の高いものづくり 『MYSTERY』シリーズ

和宏エンタープライズの『ザ・ミステリー』シリーズは、細かなディテールまでしっかりとした、完成度の高いモノづくりで全国の工房・ショップから信頼を寄せられているコンポーネントブランドだ。

ロフト角はすべてリアル管理で1個1個実測の上、出荷されている。  今年の目玉は、シャロータイプのドライバーヘッド『CF-455シリーズ』だ。

フェースには弾きの良いDAT55Gを装着、インパクト時の球の滑りを抑えるために全面にレーザーミーリング加工が施されている。

シャローモデルならではの安心感のある構えやすい形状とソフトな打感、心地よい打球音、コントロール性はシリーズ共通の特徴。

ブラックIP仕上げで精悍なイメージの『CF-455 TOUR』は、バランスの良い重心設定と大きめの慣性モーメント(4320g㎠)によってもたらされる優れた直進性と飛距離性能がウリ。

シニア&レディスを意識したライトウエイトモデル『CF-455』は、重心深度を深めに設定し、弾道の高さとさらなるつかまりを確保。軽量シャフトとの相性は抜群で長尺にも対応。

ライトウエイトモデルには、高反発モデル『CF-455HC』も用意されており、幅広いユーザー層が満足できるラインアップとなっている。

  • 素材・製法(ボディ):6-4チタン精密鋳造
  • 素材・製法(フェース):DAT55G、レーザーミーリング加工
  • 体積:460㎤
  • ロフト角(CF-455TOUR):9°、9.5°、10°、10.5°、11°、11.5°
  • ロフト角(CF-455HC): 10°、10.5°、11°、11.5°、12°、12.5°
  • ライ角:59°
  • 重量(CF-455TOUR):196±
  • 重量(CF-455/CF-455HC):188±

アイアンにも注力。軟鉄鍛造のフルキャビティモデル『720』が4月に投入。

トゥ&ヒールへ大胆に重量を配分することで、優れた方向性を確保。抜けと操作性にこだわった構えやすくコンパクトなヘッドで、遊び心がチョッピリ味付けされたロゴデザインが特徴的。

高弾道・ハイスピンが持ち味の軽量・ストロング仕様は、飛距離を求める軟鉄派にとっては朗報だ。(S20C/CNC加工、#5〜PW)


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

完成度の高いものづくり 『MYSTERY』シリーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ミート率が上がるシャフト『ハドラス スマッシュ』を永井プロが試してみました

  • 有賀園の高反発ボール、高崎市が返礼品に採用 総合ブランド化を目指す『韋駄天』

  • お手頃価格でアマゾン 売上1位のレーザー距離計 『TecTecTec』を渡辺製作所が取扱い開始

  • レジェンズツアー使用率22%の『Waoww(ワオ)』に待望のFW登場

関連記事

  • アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

  • 個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

  • 有賀園の高反発ボール、高崎市が返礼品に採用 総合ブランド化を目指す『韋駄天』

  • お手頃価格でアマゾン 売上1位のレーザー距離計 『TecTecTec』を渡辺製作所が取扱い開始

  • エコ・無臭・手荒れなしで 工房が注目!「水」でグリップ装着できる両面テープ

  • レジェンズツアー使用率22%の『Waoww(ワオ)』に待望のFW登場