1. ニュース

個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

ニュース 片山三将
個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

キース・へリングをご存知だろうか。名前を聞いてピンとこない人も多いだろうが、彼の描いた絵を見れば、誰もが知っているはずだ。

へリングは1980年代の米国を代表するアーティストで、1990年に31歳という若さで亡くなった。彼の作品は記号化されたカラフルな人間たちがリズムに乗って踊り、愛を交わすグラフィックが特徴で、Tシャツなどのグラフィックに使用されやすいこともあり、ユニクロでも展開している。

そのキース・へリングの作品をゴルフ用品に初めて採用するのが、セントラル工商。

今春「キース・へリング・ゴルフ」を立ち上げ、キャディバッグなどのアクセサリー類を発売する。へリングの作品は、例えば「キース・へリング×ユニクロ」などほとんどがコラボとか。

それが今回はダブルネームではなく、「キース・へリング・ゴルフ」として売り出す。ゴルフに対する力の入れ方がこの展開からも読み取れる。

そこで気になる商品だが、写真を見ても分かるようにかなり幅広い。キャディバッグやトート、シューズケースといった袋物から傘までラインアップする。

へリングの作品は誰もが知るアイコンなので、所有感の高さは言うまでもない。また、個性的だが、老若男女を問わず誰もが親しみやすい汎用性も併せ持つ。

セレクト的な市場からマス市場まで、幅広い展開が期待できそうな稀有なブランドだ。なお、価格はオープンながら参考上代はキャディバッグで4万2000円と値ごろ感の演出も親しみやすさにつながりそう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 関西主力専門店・工房がパーフェクトプロを推奨するワケ

  • マジェスティゴルフ『KSウエッジ ゼロバンス GN』は驚きのスピン性能

  • イオンスポーツ『TOUR WEDGE』スピン性能を備えたやさしく打てるウエッジを徹底検証 

  • 本格的なグリーンを導入した「早稲田ゴルフスクール&レンジ」に迫る

関連記事

  • 鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

  • 練習場契約の地元プロ鶴岡果恋ちゃんに親心でアドバイス

  • 国内導入実績NO.1ゴルフシミュレーター・ゴルフランド『Joy Golf Smart+』が選ばれる理由

  • ゴルフ観戦初心者の素朴な疑問 東京五輪を迎える前にゴルフ好きを増やそう

  • 教えるとは学ぶことなり トレンドとかけ離れたゴルフの現状を再発見

  • 本格的なグリーンを導入した「早稲田ゴルフスクール&レンジ」に迫る