1. ニュース

アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

ニュース 片山三将
アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

ナウオンが展開する『NO1グリップ』は、吸いつくようなソフトなフィーリング、そして耐摩耗性の強さで滑らないことが市場で評価され、10年にわたり人気モデルになっている。

それは市場だけではなく、ツアーの世界も同じ。その性能を気に入った多くのプロが、同社製品を愛用しているのだ。

その仲間に今回、セクシー・クイーンでお馴染みのアン・シネ選手、そして若手のホープとして今季の活躍が期待されるエイミー・コガ選手が加わった。

コガ選手は素手でプレーするためにグリップに対してはとても敏感らしいが、手に吸いつくような『NO1グリップ』(48シリーズ)のフィーリングが気に入り、使用契約に至ったとか。

一方、アン・シネ選手は今後『NO1』の看板選手となるべく、同社と所属契約を締結、今春に発売されたニューモデル『un(アン)』のプロモーションにも一役買っていく。

また、プロではないが、次々に世界最年少記録を塗り替える6歳の須藤弥勒(みろく)ちゃんとも使用契約を結ぶなど、『NO1グリップ』の話題は事欠かないといったところだ。

アン・シネ選手がプロモーションする『アン』は『NO1グリップ』がこれまで培ってきたフィーリングや滑らないといった特徴に加えて、左右のグリップ部分のシボ形状を変更した点がユニークだ。

左手部分はしっかり握る部分なのでソリッドで安定感が出るようなデザインに、そして右手部分は絶妙なタッチが得られるような形状を施したという。  同社は年間300回を超えるグリップ交換会を実施、3000人超のゴルファーへグリップを販売する。

その一方、交換会はユーザーボイスを聞く貴重な場とも捉え、彼らと積極的な意見交換も行っている。

今回の『アン』は、そういったゴルファーの意見をフィードバックして作り上げられたというだけに、その出来栄えには同社もかなりの自信を持っている。

アン・シネ選手のプロモーションという話題性、そして差別化された機能性を備える『アン』―。間違いなく、今春の注目グリップとなりそうだ。

アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

UN レギュラー

  • 価格:2,000円+税
  • 素材:高精度樹脂(エラストマー)
  • 重量:50g(±1g)
  • 特徴:男女兼用
  • BLACK×BLACK / NAVY×NAVY / NAVY×WHITE / NAVY×RED / NAVY×YELLOW / NAVY×BLUE

UN ライト

  • 素材:高精度樹脂(エラストマー)
  • 重量:44g(±1g)
  • 特徴:男女兼用
  • NAVY×SHOCKING PINK / PINK×GRAY

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プロも多数愛用するIOMICの『メビウスブラック』グリップをテストする

  • クラブデザイナーとツアープロコーチが異色のタッグ「バンカーの救世主」SAND SAVER

  • グリップの色の好みで男女差はあるのか!異色の座談会を開いてみた

  • 重量の概念はもう古い? スピードで全ゴルファーをターゲットに据えたTS1

関連記事

  • クラブデザイナーとツアープロコーチが異色のタッグ「バンカーの救世主」SAND SAVER

  • カギは「じわる」マーケティング練習場とゴルフ場で実感した心に染み入る新サービス

  • 「焼き芋物語」 ゴルフ練習場ティールーム 自慢のメニューが続々誕生

  • グリップの色の好みで男女差はあるのか!異色の座談会を開いてみた

  • ゴルフ場でプレーしているようなリアル感を再現 最新技術とグラフィックを備えた『Golf Navi(ゴルフナビ)』

  • さらに軽く、 もっと自由に振れる 『MK-7 PrototypeⅡ』