1. ニュース

ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

ニュース 吉村真
スーパーストローク クロー

2018年、日・米・欧ツアー合計47勝と多くの選手の優勝に貢献したスーパーストロークのパターグリップ。そのスーパーストロークは、これまでの知見、そしてトッププロのフィードバックを生かして5年ぶりにリニューアルする。

今回の数々の新モデルに搭載されているのは、「トラクションコントロール」テクノロジー。

パターグリップでは上面は十字のクロストラクションを採用しているが、それに加えて両サイドにはXパターンのスリットを採用。より滑りにくくグリップと手の一体感を向上させている。

それに加え、常に一定のポジションで握ることができるようグリップ背面のエンボス加工ライン「スパインテクノロジー」を搭載。

グリップ背面にある背骨のようなエンボス(押し出し)加工のラインは、バックラインのような役割を果たし、毎回、同じポジションで握ることをサポート。

パッティング時にパターフェースを常に一定に保つことにつながり、パッティングスキルの向上にも寄与している。

そして自分好みのグリップ重量に調整できる構造「テックポート」。カウンターバランス効果やグリップ重量を変えられるテクノロジーが多くのモデルに搭載。標準装備は約2gのグリップキャップで、25gと50gのウエイトも用意されている(別売り)。

これらの新技術が搭載されているスーパーストローク。その中で特筆すべきモデルが、トラクションシリーズの『CLAW(クロー)』だ。

その名の通り、クローグリップがしやすいようスクエアとピストル形状が融合。グリップ左右と正面はフラットで、クロースタイルでグリップした時、右手(右利きの場合)の様々な添え方に対応。

バッドエンドにかけてピストル形状になっており、左手(右利きの場合)はしっかりグリップすることが可能になっている。

そのため、グリップの左右面とパターのフェース面が同じ向きになりフェースの方向が分かりやすい。クロースタイルに限らず、左右の面を意識してオーバーラッピングやクロスハンドで握るゴルファーにも最適な形状になっている。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

スーパーストローク クロー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 最長飛距離でギネス認定!『The Roots Jin』ドライバーを徹底解説

  • 老舗軟鉄鍛造アイアン『TAKUMI JAPAN』初心者から上級者まで選べる3タイプを永井プロが試打!

  • 『ミズノプロ 920』アイアン登場 「ミズノなのに、やさしい」 原英莉花「いー球です」

  • 一人二役パターTAKUMI JAPAN『TF-01 MIRAI』を最新解析センサーを使って検証する

関連記事

  • 鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

  • 練習場契約の地元プロ鶴岡果恋ちゃんに親心でアドバイス

  • 国内導入実績NO.1ゴルフシミュレーター・ゴルフランド『Joy Golf Smart+』が選ばれる理由

  • ゴルフ観戦初心者の素朴な疑問 東京五輪を迎える前にゴルフ好きを増やそう

  • 教えるとは学ぶことなり トレンドとかけ離れたゴルフの現状を再発見

  • 本格的なグリーンを導入した「早稲田ゴルフスクール&レンジ」に迫る