• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    2018年、日・米・欧ツアー合計47勝と多くの選手の優勝に貢献したスーパーストロークのパターグリップ。そのスーパーストロークは、これまでの知見、そしてトッププロのフィードバックを生かして5年ぶりにリニューアルする。 今回の数々の新モデルに搭載されているのは、「トラクションコントロール」テクノロジー。 パターグリップでは上面は十字のクロストラクションを採用しているが、それに加えて両サイドにはXパターンのスリットを採用。より滑りにくくグリップと手の一体感を向上させている。 それに加え、常に一定のポジションで握ることができるようグリップ背面のエンボス加工ライン「スパインテクノロジー」を搭載。 グリップ背面にある背骨のようなエンボス(押し出し)加工のラインは、バックラインのような役割を果たし、毎回、同じポジションで握ることをサポート。 パッティング時にパターフェースを常に一定に保つことにつながり、パッティングスキルの向上にも寄与している。 そして自分好みのグリップ重量に調整できる構造「テックポート」。カウンターバランス効果やグリップ重量を変えられるテクノロジーが多くのモデルに搭載。標準装備は約2gのグリップキャップで、25gと50gのウエイトも用意されている(別売り)。 これらの新技術が搭載されているスーパーストローク。その中で特筆すべきモデルが、トラクションシリーズの『CLAW(クロー)』だ。 その名の通り、クローグリップがしやすいようスクエアとピストル形状が融合。グリップ左右と正面はフラットで、クロースタイルでグリップした時、右手(右利きの場合)の様々な添え方に対応。 バッドエンドにかけてピストル形状になっており、左手(右利きの場合)はしっかりグリップすることが可能になっている。 そのため、グリップの左右面とパターのフェース面が同じ向きになりフェースの方向が分かりやすい。クロースタイルに限らず、左右の面を意識してオーバーラッピングやクロスハンドで握るゴルファーにも最適な形状になっている。
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb