• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • エコ・無臭・手荒れなしで 工房が注目!「水」でグリップ装着できる両面テープ

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    2016年のジャパンゴルフフェアで多くの業界関係者の耳目を集めたのが倉本産業の『グリップテープ水』。これまでの有機溶剤を使用することなく、水でグリップ交換ができる画期的なグリップ交換用の両面テープが『グリップテープ水』の最大の特長だといえるだろう。 同社は1950年に広島で創業。自動車メーカー・東洋工業(現マツダ)へ、ボディに車名ロゴを貼り付ける粘着フィルムを開発・納品したのが始まりだ。 以後、粘着加工製品を中心に、高度成長期にはNHKの受信ラベルや『マツダファミリア』で一世を風靡したボディストライプのマーキングフィルムなどで大きく成長を遂げている。 粘着加工製品の老舗で工業製品からスポーツ用品用途まで幅広く、産業分野に合わせて製品を提案している企業だ。 そして2016年の5月に発売したのが『グリップテープ水』。現在、工房や量販店、インドアゴルフスクールなどで密かに導入企業が増加中。その特長は、競合他社品と遜色のない品質と環境配慮型製品ということにつきるだろう。 特にインドアゴルフスクールなどでは、レストランを併設する施設も多く、有機溶剤の臭いは気になるもの。 さらに、作業者の健康にも被害を及ぼす可能性もあるが、『グリップテープ水』は水でグリップを交換可能な両面テープだから、エコ、無臭で手荒れもないという優れもの。 ゴルフ用品産業に一石を投じた商品だ。 製造ロットなど条件によっては独自の幅、長さのグリップテープも対応しており、工房や量販店だけではなく、アッセンブル工場等の部材としても対応可能だ。 ゴルフ用品産業でも環境改善が求められているエコな時代。東京五輪に向けて、日本のゴルフ産業も注目されつつある。 その中で、これまでの有機溶剤を使用したグリップテープではなく、エコ型のグリップ交換用両面テープ『グリップテープ水』は時代のミーズに合っている。その意味でも『グリップテープ水』はこれからのスタンダードになる。今年も密かに注目の商材となりそうだ。
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    タグ
    工房
    グリップ交換
    thumb
    朝日ゴルフ Webカタログ 2024
    2024年05月21日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    続けてほしけりゃ放牧すべし
    2024年05月06日
    リサオ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb