1. ニュース

振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

ニュース 吉村真
振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

島田ゴルフ製作所が昨年3月に発売したのが『K’s-NINE9』。振り遅れを防ぐ「同調系」軽量シャフトと謳っている。

新ステッピング製法

新ステッピング製法は、シャフト成型工程において各部の自在な設計を可能にする、世界で唯一島田ゴルフのみが採用するシャフト加工製法。

今回『K’s-NINE9』のために開発したステッピング製法では、通常の工程に加え、先端部の外径をやや太めに微調整したことで、シャフト重量を増やすことなくシャフト先端部の剛性を高めることに成功。インパクト時でのつかまり過ぎを抑えてくれる。

「同調系」新軽量設計(95g)

シャフト中間部から先端にかけての剛性を上げることにより、シャフトの手元から先端までの動きが同調し、軽量ながらスイング中の振り遅れを防いでくれる。

クラブヘッドが体の回転と腕の振りについていき、自然なインパクトを迎えるのでダウンブローを意識しなくても高弾道でピンを狙える。

コンスタントウェイトシステム

アイアン全番手同じフィーリングでスイングできる、島田ゴルフ独自の「コンスタントウェイトシステム」を採用。

素材と製造工程を各番手ごとに最適調整しフィーリングを均一に保ちつつ、ロングアイアンのシャフト重量を軽めに、ショートアイアンのシャフト重量を重めに設計することで、全番手のシャフト重量を同一に設定。

ロングアイアンではヘッドを走らせ、ショートアイアンではコントロール性を向上させている。

カウンターバランス設計

他社に先駆け1970年代よりカウンターバランス設計を導入。手元側に配置されたバランスポイントがスイング軸を安定させ、ヘッドスピードをアップさせる。

シームレス製法

板材を成型・加工する一般のスチールシャフトとは異なり、はじめからパイプ状に成型した素材を加工する島田ゴルフ独自のシームレス製法。

シャフト外周はもちろんのこと、内周部分も限りなく真円に近い加工をすることが可能なため、スイング中の違和感を極限まで減少させてくれる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

  • パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

  • 振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

関連記事

  • クラブデザイナーとツアープロコーチが異色のタッグ「バンカーの救世主」SAND SAVER

  • カギは「じわる」マーケティング練習場とゴルフ場で実感した心に染み入る新サービス

  • 「焼き芋物語」 ゴルフ練習場ティールーム 自慢のメニューが続々誕生

  • グリップの色の好みで男女差はあるのか!異色の座談会を開いてみた

  • ゴルフ場でプレーしているようなリアル感を再現 最新技術とグラフィックを備えた『Golf Navi(ゴルフナビ)』

  • さらに軽く、 もっと自由に振れる 『MK-7 PrototypeⅡ』