1. ニュース

極軟FORGEDカムイプロ『KP-103UC』が登場

ニュース 吉村真

中条カムイはこのほど、中上級者に人気の『カムイプロ KP-103』のバックフェースアンダーカットバージョンの『KP-103UC』を市場に投入する。

ソール幅を厚くし、さらにバックフェースにアンダーカットをCNC加工で入れることで、打感を追求しながらやさしさを両立。

さらに、低重心化により高弾道を簡単に実現。より厚くなったインパクとゾーンがもたらす打感は驚愕に値するという。

素材は炭素含有率が少ないといわれる「S20C」を採用。丸棒から粗鍛造を800トンで3回、仕上げ鍛造を1000トンで2回行った計5回の鍛造を経て精錬されたヘッドに仕上がっており、極軟鍛造ヘッドが誕生している。

フェース面にはコンピュータ制御による極細グルーブを施し、スコアラインも専用ツールによるCNCで入れることで、雨やラフなど、スピン量が左右される様々な状況から安定したスピン量を実現するという。

■価格

・6本セット
DGS200(#5~PW):12万6000円
Modus3(#5~PW):13万8000円

・ヘッドのみ:9万円

・単品
DGS200(#4):2万1000円
Modus3(#4):2万3000円
ヘッドのみ(#4):1万5000円


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高機能で低価格のレーザー距離計『ジョルトファインダー』の実力は?

  • KBSのアイアン用シャフト『KBS TOUR グラファイトアイアン』永井プロ試打レビュー

  • ミート率を高める『アストロツアーV Ⅳ』完成度の高い4代目がついに登場

  • エコ・無臭・手荒れなしで 工房が注目!「水」でグリップ装着できる両面テープ

関連記事

  • アン・シネがプロモーションに一役買う『NO1グリップ』

  • 個性的だが誰もが親しめる『キース・へリング・ゴルフ』デビュー

  • 有賀園の高反発ボール、高崎市が返礼品に採用 総合ブランド化を目指す『韋駄天』

  • お手頃価格でアマゾン 売上1位のレーザー距離計 『TecTecTec』を渡辺製作所が取扱い開始

  • エコ・無臭・手荒れなしで 工房が注目!「水」でグリップ装着できる両面テープ

  • レジェンズツアー使用率22%の『Waoww(ワオ)』に待望のFW登場