1. ニュース

酷暑時間はクローズの練習場「来場者の健康第一」で踏み切った

ニュース 山本桂
酷暑時間はクローズする「来場者の健康第一」で踏み切った決断の背景

横浜市栄区の練習場・第百ゴルフクラブは今夏(7月1~8月31日)、平日13~17時までの4時間を完全クローズする。理由は酷暑対策で、来場者の健康に配慮して試験的に導入する。

と聞けば、驚く業界関係者は多いかもしれない。支配人であるわたしの見解はこうだ。

「時代の変化を察知し、気温上昇の環境変化に合わせ、夏季猛暑対策としてお客様とスタッフの健康を第一に考えること」

将来の練習場運営を見据えたチャレンジでもある。

当練習場でも熱中症の怖さを何度も目の当たりにした。手足が痙攣、呂律が回らず話の辻褄が合わない、目が合わないなど、救急車を呼んだこともある。

高齢者ばかりではなく、若い方が急に倒れることもあり、命の危険を感じたが「家族には連絡しないでほしい。ゴルフをやめろと言われる」という一言が、鋭くわたしの胸を突いた。

練習場は半屋外だが、午後は西日も強く、無風の日は体感温度がグッと上がる。だから「夏のゴルフをやめて」ではなく「夏こそ朝(夜)活リズム!」をゴルフ練習場から提唱したかった。これによりスタッフの働き方も変わってくる。

むろんリスクは大きく、クローズ時間帯の来場者をそのまま失うとすれば前期比7~10%減となる。スタッフシフトも減となるが、有給休暇の支給で人件費は変えない予定。

酷暑時間はクローズする「来場者の健康第一」で踏み切った決断の背景
凍ったおしぼりをスタッフが打席へお配りするサービス

来場者減の痛手をカバーするには無駄な経費削減が重要で、具体的には①ティールームメニューを「ブランチ」に大幅変更し、通常仕入内容・額を抑えてガスなどの光熱費も削減、②備品・消耗品の質や数量、発注方法の変更、③場内修繕を夜間からクローズ時間帯に行うことで外注工事費等を見直す。

これらで前年比±0に近づけたい。また、夏ならではのチャレンジ企画(60分打ち放題、1日何度来ても打席料216円、打席予約受付可等)も打ち出す方針。

5月27日、酷暑クローズの件をお客様にアナウンスしたが、その反応は様々だった。

ご家族からのお礼メッセージや経緯の説明を求められたり、中には「他の練習場に行くよ」との声もあった。意外に多かったのは40~50代のビジネスマンの声。

「運営方針に興味をもった」「新しい事をしてくれそう」「自社でこの姿勢を真似できるかも」「来場者を金(かね)と思っていない姿勢の表れ」等、励まされる声も多かった。

今回の決断は思いつきではない。例えばディズニーリゾートに「酷暑ガイドライン」の有無を問い合わせて知り得る範囲で確認した。ゴルフ産業以外のレジャー施設は何をしているのか、それらを確認して弊社の社長にプレゼンをした。

「近年、地球温暖化のスピードは予想以上。接客業の相手はヒトであり、時代の流れと練習場運営の将来を考える必要がある」という趣旨で、根拠と目論見を明確に示した。社長の賛同を得たことに驚く反面、チャンスを頂いたことに感謝している。施設内には中古ショップのゴルフパートナーが出店しており、同社の理解・協力にも感謝したい。

何をもって成功とするかは未知数だが、今回の軌道修正が数年後に実を結ぶことを信じてやまない。


この記事は弊誌月刊ゴルフ用品界(GEW)2019年7月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。

月刊ゴルフ用品界についてはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

酷暑時間はクローズする「来場者の健康第一」で踏み切った決断の背景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

山本桂

山本桂

東京都出身。短大卒業後、三井東圧化学秘書室へ配属、アパレルメーカー営業、ベンチャー企業秘書を経て、ユニクロ店舗CSリーダーを務める。2016年2月より横浜市の第百ゴルフクラブ支配人、現在に至る。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アフターコロナ 無くなってしまったモノばかりではない

  • 休業の40日間で芽生えたアフターコロナへの対策と新たなチャレンジ

  • 命を守る?バカじゃない! 心無い電話にも今は耐えよう

  • ヒレを取られたサメが沈んでゆく人間の業が生み出した環境悪化と練習場で出来るエコ活動を考える

関連記事

  • パターのトレンドが変わる時代の スーパーストロークの存在意義

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

  • 三浦技研で働いてるのはどんな人たち?

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • スーパーストロークに『リストロック』登場