1. ニュース

鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

ニュース 井手口香
鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

詩人でゴルフ史家、アンドルウ・ラングの「ゴルフがスコットランドで生まれたのは、そこにリンクスランドがあったからだ」との名言は、摂津茂和氏(1899~1988年)の著書「偉大なるゴルフ」(ベースボール・マガジン社)に記述される。

同書ではラング名言の数々を紹介しており、スコットランド人は海ぎわの砂丘のリンクスを「神が造ったコース」、あとから内陸にできたコースを「人間が造ったコース」と呼び、一段次元が低いとみなすとも書いている。

スコットランド人の「リンクス信仰」の強さは、全英オープンの創始以来、すべて昔ながらのリンクスで開催されることにも表れている。

神が造ったリンクスは無尽蔵ではない。1848年にガッタパーチャ・ボールが発明されてゴルファーが増加、リンクスが不足して内陸にコースを造り始めた。19世紀末、リンクスの模倣ではなく、ゴルフコースの設計理論を携えてハリー・コルトやアリスター・マッケンジー、チャールズ・アリスンら設計家が現れた。

私はアマチュア競技の競技委員を務める機会が多く、ルールの解釈とコース側の要望との狭間で悩むことがある。

例えば、グリーンキーパーはサブグリーンのカラーをプレー禁止にしてほしい、と切望する。ルール上、サブグリーンは「目的外グリーン」だが、グリーンではないカラーを保護する場合はローカル規則が必要になる。

つまり、競技会によって「カラーの処置」が異なるから、なぜ、ルールを統一できないのかという気持ちが募る一方、コース側の「年1回の競技会の為にカラーを傷つけられたらたまらない」という気持ちもわかる。妥協点は容易に見つからない。

過日、韓国のナインブリッジ(済州島)やボナリ高原(福島県)を設計したDavid M. Dale氏(GOLF plan)が来日。Regional Directorsの東裕二氏も同席して、彼らが造ったゴルフコースの映像を観賞する機会に恵まれた。そこで先述の疑問、「カラー」について東氏に尋ねてみた。

「我々がゴルフコースを造るときの基本的な構造はグリーンとフェアウェイ、そしてラフです。カラーはグリーンの一部であり、グリーンよりも刈り高のある部分。つまりカラーだけを造る概念はなく、あくまでグリーンと同じ構造の中にカラーも含まれている」

ルール上、グリーンとカラーは分けて考えるのが前提なため、カラーはグリーンの一部との説明に私はやや驚いたが、造る側の論理としては納得もできる。さらに「コースは誰のために造るのか?」との質問を重ねると、2人は「オーナーのため」と即答した。

むろん、その意味はオーナーの意図を汲みながらゴルファーの為に造る、ということであろうが、立場による見識の違いを実感した瞬間だった。

競技委員としてルールに向き合う機会が多くなるほど、ルールを中心に判断してしまう自分がいる。Davidが造ったゴルフコースの映像は、カナダの雄大な景色に溶け込んでいたり、アリゾナの砂漠で美しく輝いていた。狭い日本のコースで、2グリーンのカラーから打つとか打たないとか・・・。

そんなことは取るに足らないことに思え、最後にはどうでもよくなった。


この記事は弊誌月刊ゴルフ用品界(GEW)2019年8月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。

月刊ゴルフ用品界についてはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

井手口香

井手口香

2007年から東京都内のゴルフ場でハウスキャディとして勤務。16年から東京都ゴルフ連盟の競技委員として競技の運営に携わる。日本ゴルフジャーナリスト協会会員

この人が書いた記事  記事一覧

  • 魅力満載のターフショー レッスン記事ばかりのゴルフ雑誌も是非取材を!

  • 鳥瞰と虫瞰ゴルフ規則に捕われて見えなくなること

  • 文化としての「ゴルフ遺産」レーモンド作のクラブハウス巡る悦び

  • 学生18名とのゴルフ対話集会 事前の予想を覆す若者のユニークな本音

関連記事

  • 魅力満載のターフショー レッスン記事ばかりのゴルフ雑誌も是非取材を!

  • 昼間休業の夏季対策 初挑戦の「収支報告」で わかった様々なメリット

  • 西村弁護士渾身の記 ゴルフ版経済敗戦を総括する(1)

  • AIで変わるかも?初心者目線のゴルフAI革命

  • ツアーサポートの舞台裏「操作性、当たり負け抑制、 撓り戻りの速度増が鍵」

  • ゴルフ場利用税撤廃に方針転換 「全廃」から「非課税枠拡大」へ