1. ニュース

ブリヂストンオープン開幕に間に合った!袖ケ浦CC営業再開

ニュース 小川朗

まさに「ゴルフ場版プロジェクトX」とも呼ぶべき離れ業だ。台風15号による甚大な被害が続いている房総半島。9月24日現在、正確な数字は自治体もまだ完全に把握しきれていない状況下、クローズしたまま再開できないコースがまだまだあるという。

なかでも心配されていたのが来月10日に男子ツアー「ブリヂストンオープン」の開幕を控える袖ケ浦カンツリークラブ袖ケ浦コース。50メートルを超える暴風がコースを襲い、2000本近い木をなぎ倒していったというのだから、たまったものではない。翌日はまさに絶望的な状況だったという。

コースはほぼ元の状態に戻ったが、林の中は依然として倒木が多い。注意喚起の張り紙の横にはブリヂストンオープンのポスターが

だがここから神技的な復活劇が始まる。業者の協力がすぐに得られたことで、早速倒木を撤去作業に入った。名物であるご神木も無事で、グリーンも損傷を免れる幸運にも背中を押され、総力戦が連日続いた。その甲斐あって19日にめでたく営業再開となった。

クラブハウスから10番に向かう道の脇にも倒木が折り重なっていた

大自然の凄まじいパワーに蹂躙されながらも、わずか10日での再開劇。それはまさに関根秀幸総支配人以下、袖ケ浦コースのスタッフによる、チームワークの勝利だった。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

小川朗

小川朗

1960年山梨県甲府市生まれ。甲府一高→日大芸術卒。82年東スポ入社。「世界一速いゴルフ速報」の海外特派員として男女のメジャー大会など通算300試合以上を取材。同社で運動部長、文化部長、広告局長を歴任後今年9月に退社。

フリージャーナリストとして本誌を始め、週刊誌、ニュースサイトなど各方面に執筆中。㈱清流舎代表取締役COO。東京運動記者クラブ会友。日本ゴルフジャーナリスト協会副会長。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブリヂストンオープン開幕に間に合った!袖ケ浦CC営業再開

  • 日本ゴルフツアー機構の迷走

  • 2020東京五輪ゴルフ競技「日本代表コーチの役割って何だ?」

  • ゴルフスタジアム問題の現在

関連記事

  • 本間ゴルフ菱沼副社長インタビュー:カジュアルゴルファーに向けた「XP-1」の狙いとは?

  • 大型台風頻発でゴルフ練習場に求められる近隣住民とのコミュニケーション

  • ツアーサポートの舞台裏「アイアンは打ちたい距離でロフト調整、 バランス軽視の米国流セッティング」

  • タイガー・ウッズ愛用の『ベゼル』から通勤にも使えるバックパックなど続々

  • 猛烈台風の爪痕 千葉県マグレガーCC「復旧の軌跡」を現場の目で

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います