1. ニュース

復興釜石でラグビー観戦 ボランティアの笑顔とハイタッチに大感激  

ニュース 小山佳恵
復興釜石でラグビー観戦 ボランティアの笑顔とハイタッチに大感激  

ワールカップラグビーが大人気!

味の素スタジアムでの開会セレモニーと、釜石市鵜住居復興スタジアムで行われた「ウルグアイvsフィジー」戦を観戦してきました。

ラグビーは詳しくありませんが、あの雰囲気は大好きです。スタジアムでの大声援、観客同士の一体感を感じるウェーブ、トライやナイスプレーをみたときの興奮と感動!ゴルフでは「マスターズ」がそんな雰囲気を醸し出します。

津波で何もかも無くしたところに建てられた、全てが新しい釜石の復興スタジアム。

1万5000人で埋め尽くされたスタンド。試合前にはブルーインパルスが青空を駆け抜け、黙祷を捧げ、スタンドの地元小・中学生による「ありがとうの手紙 Thank You From Kamaishi」の大合唱。

普段、三陸鉄道は1両で乗客は1〜2人だそうですが、大会期間中は3両に増え、駅には行列ができるのです。

復興の象徴であるスタジアムには、どんどん人の波が押し寄せる。まるで映画「フィールドオブドリームス」のラストシーンを見ているよう。釜石の皆さんのここまでの道のりを思うと、胸に込み上げるものがたくさんありました。

当日の試合も最後の最後まで白熱プレーに盛り上がり、ラグビー音痴の私でさえも「楽しかった」と大満足でしたが、実は一番感動したのはスタジアムを離れてからでした。

何が素晴らしいって、ボランティアの皆さんの「笑顔」です。まず、入場時には多くの人が釜石を訪れてくれたことに感謝を伝え、「楽しんで行ってください〜」と屈託のない笑顔でお出迎え。

そして観戦後、会場を後にする時にはシャトルバス乗り場までずらりとボランティアが並び、満面の笑みでハイタッチを促されます。観客もこれに答え、1列に並んで笑顔のハイタッチ。

試合中は選手と観客が一体となり、試合後はボランティアと観客が一体となる。ゴルフの観戦では味わえなかった感覚です。

ラグビーワールドカップが終わると、いよいよオリンピックムード一色になってきます。ゴルフ界も大いに盛り上がりたいものですが、今回の釜石のように、スタッフも観客も思いっきり笑顔になれる「粋な場外演出」があれば良いなと思います。

ここで提案をひとつ。釜石では会場までの交通手段が、マイカーを大型スーパーに停めてそこからのシャトルバスか、駅から徒歩の二通りでした。中には足の不自由な方もいらっしゃいましたが、こんな時にゴルフカートを利用できれば楽なのに、と思いました。

ゴルフ界とラグビー界。接点はあまりないでしょうが、このような面で協力関係を築ければ、異種スポーツのコラボがどんどん進み、相乗効果が生まれるのではないでしょうか。東京五輪に向けて、そんなことを夢想しています。


この記事は弊誌月刊ゴルフ用品界(GEW)2019年11月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。

月刊ゴルフ用品界についてはこちら


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

復興釜石でラグビー観戦 ボランティアの笑顔とハイタッチに大感激  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

小山佳恵

小山佳恵

USLPGA ClassA Member、または、全米女子プロゴルフ協会A級メンバー 2016・2017USLPGA国際部門ジュニアリーダーオブザイヤー 2018年USLPGA国際部門ティーチャーオブザイヤー

この人が書いた記事  記事一覧

  • 復興釜石でラグビー観戦 ボランティアの笑顔とハイタッチに大感激  

  • 段ボールとつっぱり棒、自分でクラブを作って遊ぶ夏休み子供企画

  • 祝・渋野プロ優勝 シンデレラスマイルの効果は確実にあった

  • ラグビー体験でゴルフが上達する?新しい指導の考え方

関連記事

  • 「アニ声」枯らすドラコン女子プロのレッスン動画が人気沸騰

  • ユーティリティやパターでの コンポジットシャフトの必然性

  • 出産・育児による女性・男性のゴルフ離脱を防ぐ為の「楽観的アイディア発想」

  • (株)ファイン酒井CEOインタビュー:スマートスピーカーで切り開くシュミレーションゴルフの未来

  • ゴルフ練習場のイメージを暴落させた「市原ゴルフガーデン」

  • ライト(株)水越専務インタビュー:痒いところに手が届く「商品・サービスの肝ですね!」