1. ニュース

新たなクラブを試すには、基準クラブと メーカー、フィッターとの信頼関係が重要

ニュース 長瀬 貞之
新たなクラブを試すには、基準クラブと メーカー、フィッターとの信頼関係が重要

今回はクラブ契約フリーで日本を代表する飛ばし屋、葭葉ルミ選手のクラブフィッティングです。

葭葉プロは今季夏場以降に徐々にクラブを従来のものから、新しいクラブに入れ替え、今ではパターを含むほとんどを変更いたしました。

葭葉ルミ選手のクラブフィッティング

ウッド系は「オノフ」「ロッディオ」、アイアンは「ヨネックス」、ウエッジは「テーラーメイド」、パターは「オデッセイ」です。ウッド系のシャフトは三菱ケミカルの『テンセイ CK Pro オレンジ』、UTは「クレージー」、アイアンは日本シャフトの『モーダス105S』のセッティングです。

葭葉ルミ選手のクラブフィッティング

クラブ契約フリーの葭葉プロにとっては色々なクラブを試せそうなのですが、やはり自分の基準となるクラブのセッティングがあって初めて、他のクラブとの比較ができるとのこと。

色々なクラブを次から次と試すゴルファーにとっては頭の痛い話だと思いますね。さて、クラブ選びの基準ですが、

  1. ボールが捕まるモデルであること。重心距離が自分に合っていること。あまり重心距離が長いとコントロールしづらい。
  2. ボールの高さが出せること。グリーンで止まり、もちろんスピンレートも関係あります。
  3. 番手間の距離がうまく作れるクラブセッティングであること。距離差を作ることがクラブセッティングの大前提。

となっています。

葭葉ルミ選手のクラブフィッティング

今回採用のセッティングでは「オノフ」のウッド類と「ヨネックス」のアイアン、「テーラーメイド」のウエッジとなりましたが、全メーカーをテストしたのではなく、葭葉プロが信頼を寄せるメーカー数社からのテストによるものとなりました。

クラブを使用する立場のプロと、クラブを提供、セッティングを行うメーカーレップの信頼関係が重要となります。 これは自分たちのクラブ選びや相談にも当てはまる重要なポイントです。

※葭葉プロのクラブセッティングは10月16日時点のものです。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

新たなクラブを試すには、基準クラブと メーカー、フィッターとの信頼関係が重要

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

長瀬 貞之

長瀬 貞之

1954年生まれ 成城大学1976年卒業 
1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任
1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加 
1989年 タイトリストリストジャパン(現アクシネットジャパン) 設立メンバーとして参加 シニアマネージャーとして営業・商品開発・広告販促・ツアーサービスをまとめる。
2001年 有限会社ビー・ヒット 設立
執筆業務 業界誌「ゴルフ用品界」で「ツアーサポートの舞台裏を見る!」を連載中

この人が書いた記事  記事一覧

  • ツアーサポートの舞台裏 「クラブの中で急に重さの違いを感じたら 事故が起きる可能性が大きい!?」

  • ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

  • 女子ツアーサポート。キャディさんの情報で十分、それとも?

  • シャフト、ヘッドだけではなく、パターの評価にも計測器は必要

関連記事

  • 豪雪地帯の活性化にスノーゴルフ

  • ゴルフユーチューバーの動画撮影に『LEDマルチライ ト』/ゴルフコンペの記念写真を飾れる贈れる写真台紙

  • ツアーサポートの舞台裏 「クラブの中で急に重さの違いを感じたら 事故が起きる可能性が大きい!?」

  • イーグルとホールインワンを達成できる? ゴルファー専用のソックスにショート丈が登場

  • デザイン性、品質、設計を兼ね備えた ワンランク上の腕時計型GPS距離計

  • スミス、シェイデン ゴルフ流通での展開を本格スタート