• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ツアーサポートの舞台裏「新たなクラブを試すには、基準クラブと メーカー、フィッターとの信頼関係が重要」

    長瀬 貞之
    1954年生まれ 成城大学1976年卒業  1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任 1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加  1989年 タイトリ...
    SNSでシェアする
    今回はクラブ契約フリーで日本を代表する飛ばし屋、葭葉ルミ選手のクラブフィッティングです。 葭葉プロは今季夏場以降に徐々にクラブを従来のものから、新しいクラブに入れ替え、今ではパターを含むほとんどを変更いたしました。 葭葉ルミ選手のクラブフィッティング ウッド系は「オノフ」「ロッディオ」、アイアンは「ヨネックス」、ウエッジは「テーラーメイド」、パターは「オデッセイ」です。ウッド系のシャフトは三菱ケミカルの『テンセイ CK Pro オレンジ』、UTは「クレージー」、アイアンは日本シャフトの『モーダス105S』のセッティングです。 葭葉ルミ選手のクラブフィッティング クラブ契約フリーの葭葉プロにとっては色々なクラブを試せそうなのですが、やはり自分の基準となるクラブのセッティングがあって初めて、他のクラブとの比較ができるとのこと。 色々なクラブを次から次と試すゴルファーにとっては頭の痛い話だと思いますね。さて、クラブ選びの基準ですが、
    1. ボールが捕まるモデルであること。重心距離が自分に合っていること。あまり重心距離が長いとコントロールしづらい。
    2. ボールの高さが出せること。グリーンで止まり、もちろんスピンレートも関係あります。
    3. 番手間の距離がうまく作れるクラブセッティングであること。距離差を作ることがクラブセッティングの大前提。
    となっています。 葭葉ルミ選手のクラブフィッティング 今回採用のセッティングでは「オノフ」のウッド類と「ヨネックス」のアイアン、「テーラーメイド」のウエッジとなりましたが、全メーカーをテストしたのではなく、葭葉プロが信頼を寄せるメーカー数社からのテストによるものとなりました。 クラブを使用する立場のプロと、クラブを提供、セッティングを行うメーカーレップの信頼関係が重要となります。 これは自分たちのクラブ選びや相談にも当てはまる重要なポイントです。 ※葭葉プロのクラブセッティングは10月16日時点のものです。
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 ツアーで導入された『VIEW1』という機械で何がわかる!?
    2024年04月22日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 朝日でも西日でも計測できる 高性能距離測定器の登場
    2023年12月09日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 パターはオートマと感性を生かせる ワイドブレード型の使用者急増中
    2023年11月25日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 アクシネット社ボール、クラブ、グローブ、シューズと 多岐にサポート
    2023年11月05日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 重量調整がしやすい『トリプルダイヤモンド』で つかまりを調整
    2023年10月06日
    → もっと見る
    タグ
    フィッティング
    ツアーサポート
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    続けてほしけりゃ放牧すべし
    2024年05月06日
    リサオ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb