1. ニュース

ジャパンゴルフフェア2020中止濃厚 コロナ感染重く見る

ニュース 片山哲郎
ジャパンゴルフフェア2019

今年54回目を迎えるアジア最大級のゴルフの祭典「ジャパンゴルフフェア」(JGF、3月19~21日、パシフィコ横浜)が中止となりそうな雲行きだ。会場を東京ビッグサイトから横浜に移して4年目。多くの関係者が準備に労力を費やしたが、中止となれば各方面に影響が出そう。

JGFは球春到来を告げるイベントとしてゴルファーの認知度が高い。

昨年は過去最高の6万487人が来場し、出展219社の新製品を試打するなどで盛り上がった。ビジネス来場者は26・9%、一般来場者が72・0%、女性の来場率は29・0%で、ゴルフ界が課題とするレディス需要の拡大にも貢献している。

主催する日本ゴルフ用品協会(JGGA)が重く見るのは新型コロナウイルスの影響だ。会場には多くの製品が並び、触れば感染の恐れがある。来場者の健康第一が基本だが、JGFで感染者が出ればゴルフ界全体が非難を浴びかねず、出展社員の罹患も懸念材料。

また、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は先頃、今季初戦の「ダイキンオーキッドレディス」を無観客試合とする旨発表したが、同じくパシフィコ横浜で開催予定だったカメラショーの「CP+2020」が中止を決定。「東京マラソン」の一般参加が見送られるなど、各所の動きも視野に入れた。

中国には多くのゴルフ関連工場があり、操業停止のところが目立つ。サプライチェーンが寸断された格好で、製品の納期遅れも不安視される。

来場者が大幅に減れば出展メリットを損なうため、多くの企業が成り行きを見守っていた。結論を急ぐ声も多く、主催関係者は難しい判断を迫られた。

JGGAは近く、結論を発表するが中止は確定的。コロナ災禍を乗り越えてゴルフ界の一致団結が求められる。業界は関連団体が多いため一枚岩になりにくいが、これを機に一本化を強く進める必要がある。

コロナウイルスで広がるゴルフ界への影響


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ジャパンゴルフフェア2019

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISPS半田会長「宗教とゴルフ」の在り方を熱弁

  • バブル期に売上世界一のコトブキが「このままじゃゴルフショップはなくなる!」

  • クラブ開発の「飛んで曲がらない」を打破するのは「ゆらぎ」

  • 二木ゴルフ本社ビル売却で「3つの投資」

関連記事

  • コロナで中止のゴルフフェア 出展料の返金「8割」で関係者安堵

  • 雪にたたられ5万人割れのJGF

  • 『グローレ』試打ツアー開幕で1000人をプレー招待