1. ニュース

団結できないゴルフ界に未来はあるか

ニュース 北川 薫
団結できないゴルフ界に未来はあるか

私は(公財)全日本ボウリング協会(JBC:Japan Bowling Congress)の会長をしています。

ボウリングの競技者団体は、JBC以外には(公社)日本プロボウリング協会、日本ボウラーズ連盟、全国実業団ボウリング連盟、ジャパンレディースボウリングクラブがあります。これらに加え(公社)日本ボウリング場協会、(一社)全日本視覚障害者ボウリング協会、日本ボウリング商工会、日本ボウリング商工会の計9団体が団結し、2018年に日本ボウリング機構(JBO:Japan Bowling Organization)を設立しました。

JBOは、日本のボウリング競技の普及や推進を進める事を目的に「競技人口2000万人」を目標に掲げ、オリンピック・パラリンピック種目入りへの活動、国内統一ルールの制定、プロ・アマ問わず真の日本一を決定する大会の開催などを行っています。

あるボウリング名人が言うには、1960年代はボウリングと並んでゴルフが花形スポーツで、どちらの道を選ぶかで悩んだそうです。今では、花形スポーツのその後は低落しています。いずれも隆盛期を思い出し、昔はよかった、の回顧談にはため息をつくばかりです。

ゴルフ界は井の中の蛙

理由はいろいろありますが、一言でいえば、業界が時代に見合うように努力をしなかった、に尽きるようです。そのことに競技者をまとめる団体が気づいていないのです。

ボウリング界は今から10年余前から団結しようとの動きはありました。危機感が高じたのは2020東京オリ・パラに落選した時だったと思います。これに対して、ゴルフ界は如何なものでしょうか。

ゴルフの選手団体には、(公財)日本ゴルフ協会(JGA: Japan Golf Association)を筆頭に男女プロゴルファーと男子のツアー機構があり、JGAに連なる形で47都道府県には各県連盟があるようです。いずれも、バックにはスポンサーを始めしがらみが大きいものと思います。

一方、レジャー白書の試算によるビジネス規模(ゴルフ場、用品、練習場の3業種)は最盛期の半分になったにもかかわらず、小さくなったパイを奪い合っているようにしか見えません。井の中の蛙大海を知らず、状態に見えます。2020東京オリ・パラの競技種目を見るまでもなく、新しいスポーツが人気を得ているにもかからず、です。

ゴルフの五輪採用は羨ましいが

2020東京オリ・パラにゴルフが正式種目になったことはJBOからすれば羨ましい限りですが、ゴルフ界にはそれを起爆剤にしようとの雰囲気が感じられないのが不思議です。

オリンピックやアジア大会といった、国を代表するスポーツ大会や国体に参加できるのはNF(National Federation)組織だけです。ボウリングであればJBCだけがNFで、上述した他団体の選手は参加できません。ゴルフのNFはJGAです。ボウリングもそうですが、プロ選手にスポットライトがあたり、アマの団体であるJGAの存在は薄いようです。

この数年、羨ましいことにゴルフ界には人気のある選手が輩出しています。こうした選手をJGAは、どのようにして2020東京オリ・パラに出場させるのでしょうか。漏れ聞く話では、選手選考方法でリーダーシップが取れないようですし、コーチやスタッフの人選も形だけのようです。

最後の心配事です。スポーツ界全体を見渡しますと、プロとアマとの境界はすでにありません。世界で活躍するには、費用と時間からも分かるように従来のようなアマの選手では対応できません。JGAは公益財団法人にもかからず、アマチュアにこだわっていることが将来の禍根となる気がします。恩讐の彼方に、ゴルフ団体は手を結んでこそ、浮かぶ瀬あり、との気がしています。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

団結できないゴルフ界に未来はあるか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

北川 薫

北川 薫

1945年6月8日生
1982年3月教育学博士(東京大学)
1983年4月中京大学体育学部、同大学院体育学研究科教授
2007年4月中京大学学長、梅村学園理事
2011年5月公益社団法人全国大学体育連合副会長(現在に至る) 
2012年12月経済産業省:次世代ヘルスケア産業協議会委員(~2018年3月)
2013年4月東海テレビ放送番組審議会委員長(~2016年3月)
2015年4月梅村学園学事顧問
2016年6月公益財団法人全日本ボウリング協会会長(現在に至る)
2019年3月愛知県体育・スポーツ振興に関する推進協議会議長(現在に至る)

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナが五輪の肥大化に引導を渡した! グローバル化とコロナとスポーツ界

  • ゴルフは「減点」のスポーツ? 普及にはポジティブイメージを

  • コロナに思う 免疫力をつけるには運動が大事

  • 新型コロナウイルスの波紋と「正しい怖れ方」を考える

関連記事

  • 世界初!レベル&ダウンブロー獲得クラブ『ダルマシューター・プレミアム』

  • 長期化で世界は変わる! アフターコロナのキーワードは 双方向型の価値創出

  • Covid-19が示唆しているもの

  • 「新しい生活様式」を楽しみ免疫力UP「アフターコロナ」の事業形態を模索するチャンス到来

  • 地クラブの神髄 – 日幸物産『新生DRETTO(ディレット)』

  • ゴルフ界がコロナ対策のデジタルポスター「拡散してッ!」と呼びかけ