1. ニュース

女子2戦目「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ」もコロナで中止

ニュース イベント 片山哲郎

国内女子ツアー2戦目「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」(3月13~15日、高知県・土佐CC)の中止が本日決まった。理由は初戦の「ダイキンオーキッドレディス」と同じ。

「新型コロナウイルスの感染拡大を受け、(中略)国家的な課題として感染防止に取り組む政府の姿勢を強く受け止め、慎重に検討を重ねた結果、我々に出来る最大限の協力として開催を中止することにいたしました」(大会事務局)

同大会の主催は横浜ゴムだが、特別協賛に明治安田生命が名前を連ねて初開催となる予定だった。前夜祭とプロアマ大会も中止される。

女子ツアーの相次ぐ中止について業界内では「選手の健康を考えれば妥当な措置」「大会でコロナに感染すれば社会的な非難を浴びる」「中止、続行いずれにしてもゴルフ界の考えを示すべき」「他のスポーツ団体と連携して緊急連絡会議を招集すべき」など、多様な意見が出ている。

これに開催県や主催企業の判断が加わるため、運営者は難しい判断を迫られる。

また、ゴルフアパレルメーカーのグリップインターナショナルは、予定していた今年秋冬物の展示会を延期する。「神戸展」は3月4、5日から3月17、18日へ、「東京展」が3月11、12日から25、26日へそれぞれ2週間程度先延ばした。「新型肺炎に伴う工場稼働の遅れ」が原因だ。

ウエアは季節感が大事な商品だけに、既に多くのアパレルメーカーが春商戦の落ち込みを覚悟しているが、秋冬商戦についても影響が出始めたようだ。

関東を中心にチェーン展開する有賀園ゴルフはこのほど、2月の売上実績を発表した。既存23店舗の売上は前年同月比20%増、リニューアルオープンした杉並店(都内)とEC事業を含めた全体実績では41%増だったという。有賀史剛社長が次のように話す。

「安倍首相の方針発表により2月の最終週は鈍化しましたが、今回の『ゼクシオ』から値引き販売が沈静化しており、2月発売の『SIM』と『マーベリック』も適正価格で売られています。新商品効果と適性販売が好調要因でしょう。

ただし問題は3月以降で、先行きはまったく読めません。女子ツアーの相次ぐ中止も消費マインドに影響を与えるはず。ゴルフは屋外のスポーツです。仮にコロナの影響がゴールデンウイークまで続くとしても、業界がゴルフの特性をアピールすれば需要喚起につなげられる。落胆はしていません」

「中止ドミノ」が止まらないゴルフ界だが、業界の考えを鮮明にして、メッセージを発信する必要がある。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISPS半田会長「宗教とゴルフ」の在り方を熱弁

  • バブル期に売上世界一のコトブキが「このままじゃゴルフショップはなくなる!」

  • クラブ開発の「飛んで曲がらない」を打破するのは「ゆらぎ」

  • 二木ゴルフ本社ビル売却で「3つの投資」

関連記事

  • ゴルフ界がコロナ対策のデジタルポスター「拡散してッ!」と呼びかけ

  • 国内女子ツアー「アース・モンダミン」で無観客開幕

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

  • 民放連に申し入れ JGAらが「ゴルフを悪者にしないで」