1. ニュース

D・ジョンソン「五輪不参加」表明の影響

ニュース イベント 片山哲郎

世界ランク5位のダスティン・ジョンソンが「東京五輪不参加」を表明、波紋が広がっている。ジョンソンのマネージャーが通信社の取材に語ったもの。世界ランク15位以内の選手は各国4人まで五輪に出場でき、ジョンソンは米国代表が確実視されていた。

理由は米ツアーの過密スケジュールで、8月中旬以降のプレーオフを優先したという。1月には五輪辞退を示唆しており、新型コロナウイルスは不参加の理由としていない。

2016年にゴルフが五輪競技に復帰したリオ大会では、ジカ熱への懸念等で多くの男子トップ選手が不参加。ジョンソンや松山英樹も欠場した。比べて女子選手は積極的に参加しており、男女の意識差が明白になった。

コロナ災禍で東京五輪の開催が危ぶまれる時期での「不参加表明」は、理由がどうあれ、影響が大きい。ジョンソンの生涯獲得賞金は約6228万㌦(約68億5000万円)で歴代5位。豪快なショットで人気の選手だけに、各所で失望を買いそうだ。

本間ゴルフはこのほど、新型コロナウイルスの影響で新商品の発売延期を決めた。3月13日に発売予定だった『TW TR20』シリーズのドライバー2機種とアイアンが3月20日の発売となる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 業界人はゴルフの偏愛者たれ! 竹生道巨氏静かに語る

  • ゴルフ界がコロナ対策のデジタルポスター「拡散してッ!」と呼びかけ

  • 脱チャイナリスク! 今春ISOを取得して国内生産の狼煙あげる

  • 国内女子ツアー「アース・モンダミン」で無観客開幕

関連記事

  • ゴルフ界がコロナ対策のデジタルポスター「拡散してッ!」と呼びかけ

  • 国内女子ツアー「アース・モンダミン」で無観客開幕

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

  • 民放連に申し入れ JGAらが「ゴルフを悪者にしないで」