1. ニュース

新型コロナウイルスの波紋と「正しい怖れ方」を考える

ニュース 北川 薫

2月27日(木)、「安倍首相の学校臨時休校」が決定打となりました。前日の26日(水)、私が議長を務める中京大学のスポーツ将来構想会議においても、合宿への対応が話題となりました。その場での結論は、常識的な対応で合宿は行っていく、であったと思います。

濃厚接触といっても、スポーツ競技種目によって大きく違い、一律に制限はできないとの判断です。

私が会長を務めるJBC(全日本ボウリング協会)は3月19日から全日本選手権大会が愛知県の稲沢市で開催されます。2月20日ごろに出した指示は、無観客試合とする、でした。しかし、この判断も、今では中止と変更いたしました。

スポーツ界では、プロ野球オープン戦は無観客試合、サッカーJリーグは延期、芸能界では各種イベントは中止のようです。今回のコロナウイルスは飛沫感染で広がっていくようです。多くの人間が集まれば、それだけ感染の可能性は高まるのは道理でしょう。

行動様式の内向化が問題

感染症には、人類は長い間苦しめられてきました。14世紀の黒死病(ペスト)ではヨーロッパの半分の人間が死んだそうです。人類は太古の昔から感染症と戦ってきましたが、今世紀にはSARSが記憶に新しい感染症です。今回の新型コロナウイルスはそれ以上の脅威となっています。

こうした未知のウイルスについては、アメリカのSF映画の一つのジャンルとなっています。映画では、一人の英雄の出現で解決され大団円となります。

基本的な解決策は、患者の隔離とウイルスに対する薬の開発です。いずれ、今回のウイルス騒動も終焉すると思いますが、しばらく不自由な生活を余儀なくされるのは仕方のないことでしょう。

問題となるのは人間の行動様式が内向的になることです。世間体を考え、じっとしていることが良い、という流れです。最たる例は、2011年3月11日の東北大震災です。この時は日本中がお通夜のようになりました。今回は新型ウイルスですから大震災とは少し異なりますが、その時の経験が生かされているようにはみえません。

経済の落ち込みはもちろんですが、それ以上に日本人の心の活性度が低下しているのが歯がゆいのです。新型ウイルスについての知見、調査が不足しているからです。しかし、ある程度は分かってきました。新型ウイルスについては、正しく怖れる、ことでしょう。

啓蟄は いつになるのか コロナ君


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

北川 薫

北川 薫

1945年6月8日生
1982年3月教育学博士(東京大学)
1983年4月中京大学体育学部、同大学院体育学研究科教授
2007年4月中京大学学長、梅村学園理事
2011年5月公益社団法人全国大学体育連合副会長(現在に至る) 
2012年12月経済産業省:次世代ヘルスケア産業協議会委員(~2018年3月)
2013年4月東海テレビ放送番組審議会委員長(~2016年3月)
2015年4月梅村学園学事顧問
2016年6月公益財団法人全日本ボウリング協会会長(現在に至る)
2019年3月愛知県体育・スポーツ振興に関する推進協議会議長(現在に至る)

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナで見えたこと

  • コロナが五輪の肥大化に引導を渡した! グローバル化とコロナとスポーツ界

  • ゴルフは「減点」のスポーツ? 普及にはポジティブイメージを

  • コロナに思う 免疫力をつけるには運動が大事

関連記事

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

  • 三浦技研で働いてるのはどんな人たち?

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • スーパーストロークに『リストロック』登場

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』