1. ニュース

コロナで中止のゴルフフェア 出展料の返金「8割」で関係者安堵

ニュース 吉村真

球春到来を告げる「ジャパンゴルフフェア」(JGF2020、3月19~21日、パシフィコ横浜)が新型コロナウイルスの影響で中止となり、振り込まれた出展料の「扱い」が注目されていたが、主催者の日本ゴルフ用品協会(JGGA)はこのほど、約8割の返金を決定。関係者には安堵感が漂っている。

それもそのはず。中止が発表されてからの約3週間、様々な噂が飛んでいた。なかでも会場のパシフィコ横浜にキャンセル料としてかなりの金額を払うのではとの憶測もあり、だとすれば出展社への返金は雀の涙になってしまう。フェアが中止され、おまけに少額の返金なら、出展者にとっては泣きっ面に蜂。

その意味で約8割の返金は久々に明るいニュースといえ、最大のコストである会場のキャンセル料が発生しなかったことが大きい。

今回の返金についてJGGAは、JGF2020の出展要項の第12-4条(「不可抗力による開催中止・短縮」)の第1項に則って決めた。以下、JGGAが出展各社に配布した書状の中身を要約しよう。

主催者である当協会の判断によりJGF2020の開催を中止できる「 不可抗力により 展示会開催が著しく困難となった場合 」の一例として、「天災」や「テロ」と並んで「感染症」及び「第三者からの指示・命令」の影響による場合も明記されております。さらに、出展要項の第12-4項の第2項には、「開催以前に、不可抗力により全日程が開催中止となった場合、当協会は弁済すべき必要経費を差し引いた出展小間料金の残高を出展社に返却します。」と規定されます。

また、「弁済すべき必要経費」とは、例年JGFを実施するにあたり通常発生している、JGF開催のための必要な経費であり、JGF2020に関しての必要経費は約3633万円、これに対し、JGF2020の出展社から入金される出展料の総額は1億7793万円となる。したがって、出展料の総額に対する必要経費の比率は、

3633万円/1億7793万円=20.41824%≒20.42%

以上により、出展各社には、出展料の20.42%の金額を差し引いた残金を返金することになるという。

これ以外にもブースの装飾代金など、業者への支払いは個別に発生する可能性もあるが、返金割合が決まったことで今後の事業計画が立てやすくなる。主催者のJGGAはコロナに振り回された格好だが、「残務処理」として大きな山を越えたといえる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 地クラブの神髄 – 中条『KP-01』

  • パターのトレンドが変わる時代の スーパーストロークの存在意義

  • フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

関連記事

  • ゴルフ界がコロナ対策のデジタルポスター「拡散してッ!」と呼びかけ

  • 国内女子ツアー「アース・モンダミン」で無観客開幕

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

  • 民放連に申し入れ JGAらが「ゴルフを悪者にしないで」