1. ニュース

国内男女ツアー8試合中止で賞金7・9億円消滅 休業補償予定なし

ニュース 片山哲郎

新型コロナウイルスの感染者が世界で70万人を超え、日本でも感染爆発が懸念される中、男女国内ツアー開幕の目処が立たなくなっている。タレントの志村けんさん(70)がコロナで死去との一報が流れるなど、深刻さが増している。

女子は本日、第6戦の「スタジオアリス女子オープン」(4月10~12日、兵庫県・花屋敷GCよかわC、賞金総額6000万円)の中止が決まり、開幕の「ダイキンオーキッドレディス」から6試合連続で見送り、賞金5億4000万円が消滅したことになる。男子は国内初戦の「東建ホームメイト杯」と「中日クラウンズ」の2試合中止が決まっており、2億5000万円がなくなった。

男女合わせて7億9000万円が消えたことになる。

「中日クラウンズ」の開催予定は4月30~5月3日で、仮に女子ツアーが男子と歩調を合わせて同時期まで中止となれば、9戦目の「パナソニックオープン」までになり、女子だけで計8億円が消滅する計算だ。

選手について休業補償はあるのだろうか? この点について日本ゴルフツアー機構と日本女子プロゴルフ協会は、異口同音にこう答えた。「現状、その予定はありません」

コロナの終息がまるで見えず、「首都封鎖」が現実味を帯びる中で、プロゴルファーの生活にも深い霧が漂っている。

昨年「中日クラウンズ」を制した宮本勝昌は、以下のコメントを発表している。

「ファン、ボランティアのみなさまをはじめ、大会に関わるすべての方々の安全を第一に、非常に厳しいご決断を下してくださった主催の株式会社CBCテレビと中日新聞社のみなさまには、心より感謝を申し上げたいと思います。

また、長きにわたり大会を開催し、私たち選手に活躍のチャンスを与え続けてくださる主催者のみなさま、そして、私たちプロゴルファーを、毎年あたたかく迎えてくださるファンのみなさまにもこの場をお借りして、改めて深くお礼申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

今の混乱ができるだけ早く収束することをお祈りしつつ、再びファンのみなさまと笑顔でお会いできますことを、楽しみにしております。

再会の日まで、みなさまどうかお元気でお過ごしください」


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • ゴルフ場と練習場がコロナ対策「ガイドライン」発表も業界の足並み揃わず 

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

関連記事

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

  • 民放連に申し入れ JGAらが「ゴルフを悪者にしないで」

  • コロナ自粛の時間で考える ゴルフの仕事はこう変わる

  • 7都府県のゴルフ関連「休業要請施設」最終案決まる