1. ニュース

グリップは「感覚商材」 ゴルフプライドの強さ語る阿部社長 

ニュース 片山哲郎
日本フェィウィック 阿部社長

ゴルフグリップの巨人といわれるのが米ゴルフプライドだ。米国で6割超、日本で4割超のシェアを誇るという。

これを輸入販売するのが日本フェィウィック。社名は外資系を連想させるが、純粋に日本の企業である。クラッチ&ブレーキなどの工業機材とゴルフグリップの二本柱で展開する。阿部浩明社長が言う。

「グリップは『感覚商材』です。素材や構造、デザインを含めてヒトに及ぼす影響が大きい反面、グリップ単独で弾道に与える影響を表わすのは難しい。それだけに感覚が大事だし、多くの品揃えで多様なニーズに応えたい」

多様なニーズに応えるため、81種類も用意している。

「日米で高いシェアを維持できるのは、プロからのフィードバックも無視できません。世界のツアーでプロの使用率は約8割。契約金をまったく払わないのもゴルフプライドのポリシーです」

高品質ゆえの使用率だと胸を張る。

今後の課題は、グリップ交換の重要性や楽しさを訴求することだ。ゴルフクラブはヘッド、シャフト、グリップの三位一体だが、ヒトとの唯一の接点であるグリップは存在感が低いままで、

「現状、3割のゴルファーしかグリップ交換をしないという調査結果もありますので、これを5割に底上げしたい」

そのため、主力ブランド『MCC』のカラーバリエーションを充実して、今夏を目処に発売するほか、グリップの色分けでチーム戦を企画するなど「楽しむ場」の提供も考える。以下、阿部社長との動画インタビューをお届けしよう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

日本フェィウィック 阿部社長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • トーナメント開催の「指針」発表 通常開催から中止まで5段階

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • ゴルフ場と練習場がコロナ対策「ガイドライン」発表も業界の足並み揃わず 

  • コロナでゴルフショップ悲鳴の4月 売上急減の中で光明探る

関連記事

  • ゴルフプライド『CP2™』の柔らかさが凄い! ケガや故障、シニアゴルファーにも最適!?

  • 裏側に盛り上がっている線があるグリップ『MCC ALIGN(アライン)』が登場

  • Golf Pride 2017 – ゴルフプライドWebカタログ

  • バックラインじゃない、アライメント機能を搭載した『ALIGN』

  • 日本フェィウィック、本社移転のお知らせ

  • Golf Pride CP2 Pro, CP2 Wrapを永井プロが検証