1. ニュース

グリップ溶剤、テープで新規参入CO2排出ゼロで環境配慮

ニュース 浅水敦

ゴルフクラブのアッセンブル工場や工房ではグリップ装着や交換の際、主に「有機溶剤」を使用している。
他の物質を溶かすことができる性質を持つ有機化合物の総称であり、テープとグリップを密着させるのに欠かせない溶剤だが、現状クラブメーカーや工房で使われているのは有機溶剤か石油系。

メリットは低価格と速乾性だが、火気厳禁で匂いがきつく人体にもよくないのをご存じだろうか。床もベタつくので作業環境も悪く、とにかくCO2の排出量が非常に多いと聞く。

そこで一人の男が立ち上がった。グラストの大道浩一社長が脱有機溶剤の『GRIP-ON』と『GW5018テープ』で新規参入を果たした。

以下大道氏との一問一答を再現しよう。

―開発期間とメリットは

「開発とテストを3年繰り返し完成。有機溶剤は石油系ですから製造過程の段階でCO2が溶剤に含まれてしまう。使用時にも二酸化炭素が空気中に排出されますが、当社の製品は溶剤、テープとも製造段階から有機溶剤を使わないので環境にやさしいのです」

―デメリットは

「揮発性に乏しく乾燥が遅い、というのが最大のネックでした。その解決方法が専用テープの開発だったのです。アクリル系ですので、エラストマー系のグリップとの相性もいい」――。

<GRAST商品群>

■グリップ交換液セット
<特徴>簡単!安全!グリップ交換。
人と環境にやさしい新コンセプトのグリップ交換用セット。ゆっくり作業ができるため、グリップが途中で止まってしまう等の失敗がない。また、可燃性がないので輸送も安心。

■GWシリーズ両面テープ
<特徴>CO2排出量ゼロの環境対応型ゴルフ専用両面テープ。
世界の環境基準に適応した次世代両面テープ。ゴム、エラストマー等グリップの素材を選ばずしっかり固定。19mm幅、50mm幅を用意。*その他の幅は応相談)

■GRIP-ONグリップ交換用液剤
<特徴>有機溶剤・石油系溶剤を使用していない水性グリップ交換液。人体、環境に配慮した水性グリップ交換用液剤。可燃の問題がないので、保管場所を選ばない。*使用はGWシリーズ両面テープとの組み合わせとなる。

■タッチナー スマホ、GPSゴルフナビ画面除菌クリーナー

<特徴> スマホやGPSナビなどの画面の汚れをすっきり落とす、除菌効果付き。軽く拭くだけで特殊コーティングの効果で指紋が付きにくくなり視認性と操作性がアップ。

「これ以外にもソケット仕上げ用液剤、シール糊はがし用液剤など、人と環境にやさしい液剤をお客様の要望にそって製造・販売をいたします。お気軽にお問い合わせください」(大道社長)

と話している。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • レジェンズツアー使用率22%の「WAOWW(ワオ)」に待望のUT登場

  • 累計販売数600台を突破!『Swingbetter-PRIZM』が選ばれる理由

  • PGAツアー発信の「VENTUS」国内投入

  • シャフト作りのスペシャリストが放つユーティリティ専用モデル3タイプ

関連記事

  • 今年のテーマはスエット!キース・へリングゴルフ

  • レジェンズツアー使用率22%の「WAOWW(ワオ)」に待望のUT登場

  • 飛ばさせ屋日本一はサラリーマン,「第3回飛距離アップレッスン日本一決定戦」

  • 累計販売数600台を突破!『Swingbetter-PRIZM』が選ばれる理由

  • セルフ時代の新たな相棒 ゴルフウォッチとスマートウォッチの融合

  • 小スペースの店舗にピッタリの出幅の出ない什器Club Hook Series