1. ニュース

USPGA使用率3割強を誇る『プロジェクトX ハザーダス』

ニュース トゥルーテンパー 片山三将

2月に開催されたUSPGAツアー「AT&Tペブルビーチプロアマ」で注目を集めたシャフトがある。それがトゥルーテンパーの『プロジェクトXハザーダススモーク』シリーズだ。

試合に参加した155名の内、 27 .7%が『プロジェクトX』 を使用したが、その中で 46.5%が『ハザーダス スモーク』を使ったのだ。

『ハザーダス』はハードヒッター向けとして開発されたウッド用カーボンシャフトとなるが、差別化されるポイントは、とにかく叩けること。シャフト自体の挙動が少なく余分な動きがないので、自分が振った分だけシャフトが動いてくれるという特徴がある。正に、パワーのあるUSPGAツアープロ好みといえるだろう。

アメリカツアー仕様に挑戦しろ!

そして、今回発売した『スモーク』は、叩けるという『ハザーダス』の特徴をさらに向上したモデルという位置づけ。よって、商品のキャッチコピーも「アメリカツアー仕様に挑戦しろ!」と過激である。


まず、『ハザーダススモークグリーン』は、高ヘッドスピード、高テンポのプレーヤーに向けて航空機に使用されている高弾性ファイバー「ヘクセル・ヘックス・トーHM63」を初採用。従来品ハザーダスと比べて低スピン、低弾道で更なる安定性を実現したという。


一方、『ハザーダススモークイエロー』は、イエローの代名詞であるカウンターバランスを引き続き採用することで、ヘッドの重量配分が増加、それにより最大ボールスピードと高慣性モーメントを実現したという。

また、オリジナルのハザーダスイエローと比べて、シャフト中間部を若干硬めにデザインすることでアグレッシブなプレーヤーの安定性をより向上させたとのこと。とにかく安定感のあるシャフトというのが今回の『ハザーダススモーク』の良さ。

最近のいわゆる「軽・硬」に物足りなさを感じるゴルファーは、一度試してみるべきだろう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ボールが打てないのがいいスイングの証拠?

  • シリコングリップでさらに飛ばそう!『GGG-S026』を新発売

  • 飛距離追求型ボールの第二弾!「スリクソン X2」を新発売

  • 戦うから、支え合うへ 「その横串の役割を『ハドラス』が提供します!」

関連記事

  • 工房探訪 グリーンターゲット 好む打感が振りやすさ 接着剤が微調整を演出する

  • 北海道の地場大会「MR茨戸」にゴルフ活性化のヒントあり

  • 部門別 売れ筋ランキング(2020年10月)

  • 大型ヘッド+ワイドソール設計でショートゲームに自信をもたらす『MACK DADDY CB ウェッジ』

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る