1. ニュース

『ツアーロックゴルフ』はスイングが変わる、球筋が思い通りに進化する「魔法のウエイト」

ニュース 吉村真

スポーツティエムシーは3月、米ツアーロックゴルフ社のカウンターバランスシステム『ツアーロックゴルフ』を発売した。スイングクラブやパターを問わずグリップエンドやグリップ内部にウエイトを装着してクラブバランスをはじめ、弾道までも劇的に変化させるシステムだという。

バリエーション豊かな『ツアーロックゴルフ』


ラインアップは大きく3種類で、グリップエンドに穴を開けてグリップエンドに装着する『ツアーロックプロ』、グリップエンドではなくシャフトのバットエンドに装着してグリップでフタをする『ツアーロックカウンタープラグ』、グリップエンドに穴を開けシャフト内部の好みの場所でウエイトを装着する『オプティバイブ』だ。

それぞれ『ツアーロックプロ』は8g~100gまで11種類(2200〜4700円)、『ツアーロックカウンタープラグ』は8g〜80g(2200~4050円)まで8タイプ、『オプティバイブ』は12g〜100g(2850円~4950円)の6タイプをラインアップする。店頭での販売には、同社の認定フィッター資格が必要となるが、1時間程度の講習で資格は取得可能だ。

工房が儲かる商材『ツアーロックゴルフ』

また、基本的には販売店で1本あたりのフィッティング料3000円をエンドユーザーからもらうよう推奨しており、グリップ交換などを含めれば利益額が数千円になることも可能だという。同社によると、

「現在、工房流通は利益確保が難しいと言われています。その点『ツアーロック』はゴルファーにフィッティング料をいただくことを推奨していますので、工房店主も積極的に販売を検討していただけます」 

スイング向上、弾道に変化が表れる!?

ところで、『ツアーロックゴルフ』を装着した際の効果だが、スポーツティエムシーの木島孝男部長は、

「フィッティングで、その人にとって最適な種類のツアーロックウェイトを見つけ出し、それを装着することによってクラブ(パター)をスムーズに振りやすくし、スイング(ストローク)を向上させます。また、お悩みの球筋を理想の球筋に変化させることもできます。ウエイトの装着や交換がお手軽で確実なところもおすすめです」 

販売店には約20万円からウエイトが詰め合わせされたスターターキットの用意(有償)もあり、すでにスターターキットでテスト販売している工房では、スターターキットのウエイトを売り切ったケースもあるという。工房流通の期待のパーツといえるだろう。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Garⅿin シリーズ最軽量のGPSゴルフナビ腕時計型『Approach S12 』、ハンディ型『Approach G12 』を発売

  • 座りが変わる魔法のUT『JBEAM J-UT』発売

  • PRGR『 RS F PROTOTYPE』ドライバー2モデル新発売

  • ウエイト交換で飛びとつかまり具合が変わる『ソナテック TDⅡ』を試打

関連記事

  • イクタの公式フローリング アンバサダーに井上莉花 が就任

  • 場面に合わせ、スピンと弾道を最適化 『T//WORLD-W』新登場

  • 着弾のばらつきを押さえ、真上からピンを射抜く 〝On Target〟アイアン『OT iron』

  • Garⅿin シリーズ最軽量のGPSゴルフナビ腕時計型『Approach S12 』、ハンディ型『Approach G12 』を発売

  • アコーディア・ゴルフ 『女性のゴルフ振興憲章』 署名 女性ゴルファーへ の取り組みに賛同

  • 『PGM Challenge』の開催が決定