1. ニュース

AERO SPARK TEE、ティーでボール初速アップを実証

ニュース ダイヤ 片山三将

昨今、ゴルファーがギアを選ぶ際に重要視するのが、「ボール初速」。周知の通り、ボールの飛距離は「ボール初速」、「スピン量」、「打ち出し角」の3要素で決定されるが、その中でも飛距離に最も影響を与えるのが「ボール初速」といわれる。

 

この数字が上がれば自ずと飛距離もアップすることから、プロゴルファーからアベレージまで幅広いゴルファーが「ボール初速」に一喜一憂する。よって、ゴルファーはこの数字を上げるために様々なドライバーやボールを試し打ちするわけだが、もっと手軽に「ボール初速」を上げられるアイテムがある。それがティーだ。

 

「えっ、ティーで?」と驚く読者もいるかもしれないが、本当である。実際にGEW取材班は一般的な木製ティーとダイヤゴルフが販売する首振り機能が搭載された『エアロスパークティー』で「ボール初速」の比較テストを実施、それが実証されたのだ。

アベレージも上級者も『エアロ スパークティー』で初速アップ

 

木製ティーと『エアロスパークティー』を同一ドライバーとボールという全く同じ条件でテストしてみた。まずは、アベレージゴルファーのGEW大矢晃弘記者のテストでは、木製ティーで打ったドライバーショット3発の平均ボール初速は 49.8m/sだったのに 対して、『エアロスパークティー』では 51.8m/s と2m/s アップした。

 

この結果について、新宿御苑ゴルフスタジオの坂本龍楠プロは、「木製ティーは色が薄くて細いからティー自体に存在感がないので、大矢さんのようなアベレージゴルファーはボールばかり意識して力んでしまう。一方、『エアロスパークティー』は蛍光色で太く土台がしっかりしているように感じるので、それが安心感につながり気持ちよく振り抜けている。その結果、初速が上がったのでしょう」とメンタルのリラックス効果が初速アップにつながったと指摘した。

 

続いて、上級者のGEW片山三将記者も同様のテストを行った。その結果は木製ティーの 61.6m/sに対して 62.1m/sと0.5m/sアップした。

 

「片山さんのような上級者の場合、ナイスショットすれば木製も『エアロスパークティー』もそれほど大きな差はありません。しかし、少し手前からヘッドが入った場合は明らかに『エアロスパークティー』の方が抵抗感は少ない。それが初速アップに影響しています」

 

上級者でも首振り機能の効果が明確に表れていると坂本プロは語る。そして、最後に坂本プロにも普段使用するプラスチックティーと『エアロスパークティー』の初速を比べてもらったが、普段使用するティーが 63 .5m/sだったのに対して、『エアロスパークティー』は 64.3m/sと0.8m/sアップという結果が出た。

 

どんなレベルのゴルファーでも『エアロスパークティー』なら明らかに「ボール初速」がアップする。クラブやボールを代えても初速が伸びないと感じるゴルファーは、一度『エアロスパークティー』を試してみてはいかがだろう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 頂点の、その先へ。新生、マジェスティ プレステジオ Ⅺ誕生

  • ダンロップが最新技術満載の直営店を新宿にオープン

  • 世界初!レベル&ダウンブロー獲得クラブ『ダルマシューター・プレミアム』

  • 飛んで、止まって、よく見える!人気の『Volvik VIVID』がリニューアル

関連記事

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 世界初!レベル&ダウンブロー獲得クラブ『ダルマシューター・プレミアム』

  • 長期化で世界は変わる! アフターコロナのキーワードは 双方向型の価値創出

  • Covid-19が示唆しているもの

  • 「新しい生活様式」を楽しみ免疫力UP「アフターコロナ」の事業形態を模索するチャンス到来

  • 地クラブの神髄 – 日幸物産『新生DRETTO(ディレット)』