1. ニュース

今年のテーマはスエット!キース・へリングゴルフ

ニュース 片山三将

セントラル工商が展開する『キース・へリング・ゴルフ』は今年で2年目を迎え、さらにブランドファンを増やしている。

『キース・へリング・ゴルフ』は世界的に有名なデザイナーであるキース・へリング(1990年に 31 歳で他界)のデザインをモチーフにしたキャディバッグやボストンバッグで、記号化されたカラフルな人間たちがリズムに乗って踊り、愛を交わすグラフィックが特徴。

ユニクロやベビー用品のエルゴ、そしてスズキのハスラーなど有名ブランドとのコラボも多岐にわたる。同社の飛田和寿社長は、「品揃えは袋物にヘッドカバーなどアクセサリー類が中心ですが、市場の反応はすごくいいですね」という。

特に、 40 ~ 50 代の感度の高いゴルファーへの販売が好調。基本的に商品はユニセックス対応だが、ヘッドカバーは女性ゴルファーからの人気も高いとか。

「好調の背景は、デザインの露出が多いこと。ユニクロが採用しているので認知度の高さがアドバンテージになっていると思います。あとは、妥協しないモノ作りとパートナーの選択です。

『キース・へリング』は基本的にアートワークなので、ブランドに乗っかる形でデザインを露出している。でも、当社は『キース・へリング・ゴルフ』のブランドを立ち上げているので単なるデザインではありません。そんな気概を持って生地の選択からデザインまでを自己完結型でやっており、ブランドの世界観を醸成しなくてはいけないので、販売先も基本的にはコーナー展開してくれるところと組ませてもらっています」―。

今年のテーマはスエット

こだわりのモノ作りに着実に市場で人気を高める『キース・へリング・ゴルフ』の今年のテーマは生地で、全アイテムにスエット系の素材を起用した。「トレンドに合わせた格好で、売り出しから1カ月経ちますが、とても好調です」

スエットの特徴となる丸みのあるシルエットが特徴のアクセサリー類となる。今のトレンドはデザイン性もさることながら、生地感で選ぶゴルファーが増えている。そのニーズに対応したことが好調要因となっている。

「今年はセカンドステージになりますが、クオリティには自信があります。是非とも感度の高いゴルファーに『キース・へリング・ゴルフ』の良さをもっと知ってほしいですね」

ブランドは立ち上げから二年目が勝負といわれるが、その勝負の年にロケットスタートを切った『キース・へリング・ゴルフ』。感度の高いゴルファーの選択肢に確実に入ったといえるのではないか。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 頂点の、その先へ。新生、マジェスティ プレステジオ Ⅺ誕生

  • ダンロップが最新技術満載の直営店を新宿にオープン

  • 世界初!レベル&ダウンブロー獲得クラブ『ダルマシューター・プレミアム』

  • 飛んで、止まって、よく見える!人気の『Volvik VIVID』がリニューアル

関連記事

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 世界初!レベル&ダウンブロー獲得クラブ『ダルマシューター・プレミアム』

  • 長期化で世界は変わる! アフターコロナのキーワードは 双方向型の価値創出

  • Covid-19が示唆しているもの

  • 「新しい生活様式」を楽しみ免疫力UP「アフターコロナ」の事業形態を模索するチャンス到来

  • 地クラブの神髄 – 日幸物産『新生DRETTO(ディレット)』